ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

世界中の犯罪者たちが“分業体制”で
顧客の重要個人情報を盗み出す

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第279回】 2014年1月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

「入会資格」が厳格な
サイバー犯罪者のマーケットプレイス

 あるブラックマーケットの例では、すでにメンバーになっている2人の推薦がなければ売り手になれないしくみだという。犯罪者がさらに犯罪者を推薦するかたちでサイトに紹介を得る。その際には、すでに入手したカード情報の見本を提示して、新鮮で使えるカードかどうかの審査もあるという。

 売り手になると、これまた信じ難いことに、他のユーザーによる評価システムもある。売り手からカード情報を買ったものの、すでに使用が停止されているものだったといった場合には、評価が下がる。「カードモール」とか「カーディングフォーラム」と呼ばれるこうしたクレジットカード情報のブラックマーケットは、オンラインショッピングと同じように機能しているのである。

クレジットカードが売られているブラックマーケットのサイト。セキュリティー専門家ブライアン・クレブズ氏のサイトより 拡大画像表示

 カード情報の値段もいろいろある。通常のカードならば1枚30ドル、ブラチナカードならば35ドル、コーポレートカードならば45ドルといった具合だ。利用額制限による違いが影響する。時には150ドルほどの値段がつくことがあるというが、どこの決済銀行か、有効期限はいつかといった条件によって値段が違ってくるらしい。

 支払いは、足がつかないようにビットコインなどのバーチャル通貨が用いられる。ウェブ上で取引できる通貨はビットコイン以外にも数々あり、この世界では盛んに利用されているわけだ。

 さて、カード情報を買った人間はそれを物理的に使えるようにしなければならない。ショッピングサイトで買物をして、自宅に商品を送ってもらうといったようなヘマはしない。その番号でカードを作り、現実世界で使えるようにするのだ。偽カードを作る機械は100ドルほどで売られているらしく、まるでパソコンでDVDを焼くのと同じような簡単な手順で行われる。

 レストランで食事をするならば、ウェイトレスにカードを手渡さなければならないが、店頭でショッピングをする場合には客自身がレジ横のカード読み取り機でスライドするだけのところが多く、偽カードの見た目は重要でない。だが、用心のためにそれらしいカードに作っておくことは必要だろう。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子
[ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。

ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧