ただ、Fさんだけでなく、同世代の友人たちも留守番電話で伝言するより、メールの方が確実に伝わると考える人が大半。ゆえに、留守番電話のチェックは見逃してしまったのです。ただ、見逃したのは事実なので、

「すみません。今後は見逃さないように注意します。ところで、ご用件は何だったのでしょうか?」

 と反省する姿勢を示しつつ、訊ねてみたところ、

「きみの業務報告書に書いてあった取引先の社長とのやりとりに感動したので、直接、褒めたくなって電話したんだよ。メールじゃニュアンスが伝わりづらいからね」

 と答えが返ってきました。もっと緊急性がある内容を見逃したのではないかと、ビクビクしていたので、少々呆れてしまいましたが、こうしたマネジメントスタイルの上司と関わっていく以上は、携帯にかかってくる電話はある程度受け止める覚悟を決めなければならないと思う、良い機会になったようです。

電話、それともメール?
相手のスタイルに合わせた柔軟さを

 さて、長年、携帯の通話機能を巧みに使いこなしてきた人ほど、スマホを使うようになっても仕事のスタイルを変えられなかったりします。ただ、若者を中心とした最近の受け手の立場からすれば通話機能よりメール機能を優先してほしいのが本音です。

 今後は、相手のコミュニケーションスタイルに合わせて柔軟に対応するスタンスを持っていると、社内で人間関係が円滑になるのではないでしょうか?

◎電子書籍『なぜ若手社員は2次会に参加しないのか』好評発売中◎

当連載『イマドキ職場のギャップ解消法』が
電子書籍になって登場!
過去の大人気記事を加筆・再編集&書き下ろし記事も加えて、好評発売中!

なぜ若手社員は2次会に参加しない?
なぜ仕事の遅い人は納期を守れない?
そんな「困った社員」とのスマートな付き合い方を教えます。

ご購入はこちら!
[Amazon.co.jp]
[楽天ブックス]