あえて就職“しない”フリーターライフ
唯一の悩みは老後の生活

【2人目】仮名:Bさん
職業:フリーター
性別:男性
年齢:27歳
住居:世田谷区在住(ワンルーム)
学歴:都内私立大学卒

――唐突で申し訳ないんですが、貯金っていくらぐらい?

「250万円ぐらいですかね」

――正直、フリーターで250万円貯金しているっていうのは意外なんですが。

「ぼく、安いシェアハウスに住んでいるんですよ。だから家賃が安くあがっているので。あと、モノを買わないし」

――貯めたお金は何に取っておくんですか?

「うーん、特に使い道は考えていないです。結婚するときのためとかですかね」

――なるほど、結婚貯金ですね。ちなみに今は彼女はいますか?

「一応います。が、今の彼女とは結婚は考えていません。正直、金銭感覚が合わないので」

――金銭感覚の不一致ですか。確かにそれは結婚を妨げそうですね。彼女はわりと散在家なんですか?

「そこまででもないですね。ただ、牛丼屋とか王将とかに行くのを嫌がったり。雑貨など、用途がわからない物を、カワイイってだけで買ってみたり。あとは、美容費に月2万円消費していると聞いて、どん引きしています」

――綺麗になるための投資と考えれば月2万円ぐらい良いんじゃないですかね?

「えー、ダメですよ。フリーターには月2万円の美容費の支出は痛いです」

――彼女もフリーター?

「いえ、派遣社員です」

――失礼だけど、Bさんは就職できないというタイプには見えないんだけど、フリーターを続ける理由はなんですか?