そして設定した期限がくれば、転職するか、いまの会社で頑張るかを決断することになります。いずれの道を選ぶにせよ、しっかり腹をくくり、絶対に迷わないと決めればフワフワした状態を脱し、よい結果が得られるはずです。

 ただし、腹をくくるための転職活動では心がけるべきことがあります。それは「転職活動中はいまの仕事を120%の力で頑張る」です。これは転職希望者の皆さんにお伝えしていることですが、とくに考えがフワフワしている状態の人が転職活動に入ると、知らず知らずのうちに仕事に向けるエネルギーが薄れてしまうからです。

 以前、転職活動中に業務で大きなミスを犯し、辞めざるを得なくなった方がいました。そこまで深刻なミスでなくても上司に叱られ、会社にいるのが嫌になるという事態が転職活動中は起こりがちです。

 転職活動には応募企業について調べたり面接の準備をしたり、少なくない時間と労力が必要です。だからこそ仕事の手を抜かず、むしろいつもの120%の力で頑張らなければなりません。

<お知らせ>

本連載の著者・丸山貴宏さんの新刊『そのひと言で面接官に嫌われます』が好評発売中!

転職面接も、新卒面接も―こんな大事な「NGワード」があった!

面接を受ける際、面接官に対して、どのようにコミュニケーションをとればいいのか ── 面接官として豊富な経験を持ち、かつキャリアコンサルタントとして数多くの人の転職を成功に導いてきた著者が、面接で言ってはいけないNGワードを通して、面接官の心の内を解説しながら、面接ノウハウを伝授。