かとう・よしかず
1984年静岡県生まれ。日本語、中国語、英語で執筆・発信する国際コラムニスト。2003年高校卒業後単身で北京大学留学。同大学国際関係学院大学院修 士課程修了。学業の傍ら、中国メディアでコラムニスト・コメンテーターとして活躍。中国語による単著・共著・訳著は10冊以上。日本では『われ日本海の橋 とならん』(ダイヤモンド社)、『いま中国人は何を考えているのか』(日経プレミアシリーズ)、『脱・中国論—日本人が中国と上手く付き合うための56の テーゼ』(日経BP社)などを出版。2010年、中国の発展に貢献した人物に贈られる「時代騎士賞」を受賞。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数 は150万以上。2012年2月、9年間過ごした北京を離れ上海復旦大学新聞学院にて講座学者として半年間教鞭をとり、その後渡米、ハーバード大学ケネディースクールフェロー、同大アジアセンターフェローを歴任。2014年夏からは米ジョンスホプキンス大学高等国際関係大学院の客員研究員として、ワシントンDCを拠点に“日米同盟と中国の台頭”をテーマにした研究・発信に挑む。米ニューヨーク・タイムズ中国語版コラムニスト。世界経済フォーラム Global Shapers Community(GSC)メンバー。趣味はマラソン。座右の銘は「流した汗は嘘をつかない」。

加藤 集団的自衛権っていうのはどういうものなのかは、政府は国民に向けて本腰を入れて伝えていくべきだと思います。中国が海洋進出を進めていて怖いから、とか、日米同盟を強化しなくちゃいけないから、とか、憲法自体が時代遅れだから、とか集団的自衛権の行使容認へ話をもっていくいろいろな理由が語られていますが、集団的自衛権の行使は地域の平和と安定を得るための一つのツールなんですよ、日本国の信用に関わる問題なんですよ、という基本的な側面をもっと丁寧に説明することは必要だと思います。

 私の感覚だと、集団的自衛権の議論というのは、国民の多くの人が持っているパスポートと関係しているんだと思いますよ。パスポートって、日本という国の信用で成り立っている。これだけビザなしで世界中の国を旅行できるパスポートってあまりない。それだけ、日本という国が国際社会のなかで信用されているっていうことです。

 じゃあ、同盟国が攻撃された場合に日本は助けないのか、というときに国際社会において日本の信用力は崩れてしまう。集団的自衛権というものを、日本が国際社会の一員として信用されるかどうかに関わっている、その信用力っていうのは国民の個人レベルで考えるとパスポートで安心して海外旅行ができることにつながっている、そういう国民ひとりひとりの生活レベルまで落としこんで考え、議論する必要があると私は思います。

集団的自衛権は
ひとつのツール

――確かにパスポートひとつで、いろいろな国に、怪しまれずに入国できる日本のパスポートは貴重ですよね。ただ、日本をベースに暮らしている多くの国民にとっては、あまり意識することはないかもしれないですね。

加藤 確かにそうですが、そういうところまで掘り下げて考えてみれば、国民ひとりひとりに関わることだとイメージできると思います。

 日本という国に対する国際社会の信用力というのは、個人や企業などさまざまなところで日本人にメリットを与えています。これまで国際社会のなかでコツコツと積み重ねてきた信用力があって、その信用力を今後も維持したいし、さらに高めたいと思うのであれば、集団的自衛権というのはその信用力を高める、あるいはアップデートするための一つのツールとして有効なんじゃないかっていうアプローチは十分考えていく意義があると思います。

小野田 私は自民党の石破幹事長がアメリカで集団的自衛権について説明された際にそういうアプローチをしていると感じました。石破幹事長が言っていたのは「プロアクティブ・コントリビューション・トゥ・インターナショナル・ソサエティ」(国際社会に能動的に貢献していく)というフレーズを使っていました。安倍政権の最大の眼目である「積極的平和主義」と集団的自衛権がどうつながっていくのか、説明しようとしていたように思います。

 その文脈のなかに、安倍首相が記者会見でパネルを使って説明したような海外から日本人が同盟国の船で避難しているときに、その船が攻撃をうけたらどうするんだという具体的な事例がでてくる。説明は国民も注目して見ているけど、それは訳されて海外に自動的に発信される。政府はそれも意図していると思う。どう周辺国、同盟国に見られるかということを意識していますよね。