近年は特に、アンチエイジング効果が注目され、無花果の人気は鰻登りの感があります。

無花果の天麩羅
【材料】無花果…3個/卵…1個/冷水…1カップ(200ml)/小麦粉…1カップ/揚げ油…適量/大根おろし…適量/天つゆ、粗塩など…適量
【作り方】①無花果はヘタを切って縦に8等分のくし切りにする。②ボウルに冷水と卵を入れてよく混ぜてから、ふるいにかけた小麦粉を混ぜ、揚げ衣を作る。 ③2に1をからめて180℃に熱した油で1分程度揚げる。油を切り、大根おろし、天つゆ、粗塩などを添える。

 アントシアニンに代表される抗酸化物質を多く含み、活性酸素を抑えてくれます。

 また、たんぱく質を分解する酵素も豊富で、胃腸を整え、消化を促してくれます。

無花果と鱧の挟み揚げ
【材料】無花果…3個/骨切り鱧(生)…20g程度/卵…1個/冷水…1カップ(200ml)/小麦粉…1カップ/揚げ油…適量/大根おろし…適量/天つゆ、粗塩など…適量
【作り方】①鱧は2×3cm幅に切る。無花果はヘタを切って縦に6等分のくし切りにし、皮の部分の真ん中に縦に切り込みを入れ、鱧を挟む。②ボウルに冷水と卵を入れてよく混ぜてから、ふるいにかけた小麦粉を混ぜ、揚げ衣を作る。③2に1をからめて170℃に熱した油で泡が細かくなるまで揚げる。油を切り、大根おろし、天つゆ、粗塩などを添える。

 さらに食物繊維も多いので、デトックス効果があり、便秘や痔に悩む方にもお勧めです。