1人目のFさんの発表は何事もなかったように終わりましたが、問題は次の人物。そうSさんは毎週のようにTO DOに関して「忘れていました」「忙しくてできませんでした」といった言い訳を繰り返して、支店長から、

「来週にはしっかりとした活動報告を期待しています」

 と小言を言われ続けていたのです。

 周囲の同僚も、「もっと要領よくやってほしい…」と気が気ではありません。そう、支店長は今でこそ柔和で叱らなくなりましたが、以前は『鬼の支店長』と呼ばれたほど厳しい人物。ただ、社内で部下への指導に関して何度も注意を受けたこともあって、マイルドになっただけ。おそらく、Sさんの生ぬるい営業活動には業を煮やしていることでしょう。いつ支店長が爆発するか、誰もが気にしていましたが、その日がついにやってきました。

ついに鬼の支店長の怒り爆発!
「だから君はいつも仕事が遅いんだ」

 先週のTO DOで、設計事務所への年末までの訪問計画を立てることを営業会議で約束したSさん。当然ながら「先週決めたTO DOのことだけど……」と支店長が切り出したところ、

「半分位はできましたが、未完成なので来週に報告させてください」

 と悪びれない態度で言い返しました。この発言に支店長がついに怒りを露わにしました。訪問計画を決めるのに、2週間以上もかかっているからです。

「もはや耐え難い。いい加減なのにも程がある。できなかった言い訳を何週続ければ気が済むんだ!いますぐその半分までできた報告書を持ってきたまえ!」

 そう言ってSさんに作成途中の資料を持ってこさせました。すると報告書は半分どころか、数行書かれた程度でした。この時点で、Sさんは支店内で恥をかかされたことになります。どんどん支店長の顔が赤らんできました。さらに支店長の怒りは続きます。

「だいたい君はいつもそうだ。約束したことを後回しにする。仕事が遅い。そのルーズさは問題じゃないのか!」