では、いったいどうやって「反日統一戦線」を構築するのか?簡単である。

・日本は右傾化している
・日本は再び軍国主義化している
・日本は歴史の修正を目指している

 と大プロパガンダする。

 これは、中国・韓国がいつもいっていること。しかし、実をいうと米国もロシア(2次大戦時はソ連)も、これらのことは嫌がる。こうした動きがあると判断されてしまえば、米国もロシアも反日になってしまうのだ。

 では、日本が「軍国主義化」「右傾化」「歴史の見直し」をしている間接証拠になる言動とはなんだろうか?

・憲法改正(米国製日本憲法を修正するので)
・靖国参拝(中国は、靖国を参拝するのは、軍国主義者だとプロパガンダ)
・東京裁判史観見直し要求(東京裁判を主導した米国を敵にする)

 強調しておくが、筆者は、

・米国製憲法を神聖視していない。
・靖国参拝は、日本人として、当然よいことだと思っている。
・東京裁判は、インチキだと思っている。

 しかし、中国がこういう戦略で攻めてきているときに、まんまと罠にはまればどうなるか?

1、日米関係が悪化し、日米同盟が弱体化する。
2、米国との関係が悪化すれば、欧州やオーストラリアなどとの関係も悪化し、日本は世界的に孤立する。
3、尖閣で有事が起こったとき、米国に日本を助けない口実を与える。
4、日本は一国で中国と戦うことになり、最低でも尖閣、ひょっとすると沖縄までも中国に併合される。

 以上の理由で、「総理の靖国参拝」「早急な憲法改正」「歴史修正発言」などに反対している。これは「善悪の問題」ではない。「尖閣、沖縄を奪われるかどうか?」という深刻な問題なのだ。

中国のしたたかさに対抗するために
日本が目指すべき立ち位置は?

 これが今の世界で起こっていることである。中国は、「中国、米国、ロシア、韓国 対 日本」という対立構造を作り出したい。そうなれば、米国には、欧州もオーストラリアも従う。つまり、米国が反日で中国側にたてば、事実上の構造は、以下のようになる。

「米国、欧州、オーストラリア、中国、ロシア、韓国 対 日本」

 つまり、中国に「日米分断」を許せば、日本は事実上「世界の孤児」になる。そして、再び敗戦の道を歩むことになり、最低でも尖閣、ひょっとすると沖縄まで奪われてしまうかもしれない。事実、中国は「日本に沖縄の領有権はない!」と宣言しているではないか。