私は無意識でしたが、自己の成長という観点からは、自身をあえて逆境に追い込むことで、そうした機会や言葉を自分の糧とすることも大事なのだと思います。どれだけ心に響く言葉に出合っても、その素晴らしさに気づくためのアンテナを張り巡らし、それを掴みに行こうとか、活かそうという姿勢が無ければ、スルーで終わってしまいます。

 転職は逃げに使ってはもったいない。本当に逃げではないかは、自分の胸に聞けばすぐわかります。

 自分を追い込み、会社というハコを超えて成長させる転職を選んでいる限り、それまで育ててくれた人を裏切ることではない。そのかわり、しんどい転職を経て身に付けた力を活かし、社会全体に恩返しをするべきです。

 BCG入社後、数ヵ月の苦悶の数々は本当に鮮明に覚えています。しかし、その苦しみが私を育てました。次回は私の身近な、私以外の方々の具体事例にも少し触れつつ、その方にとっての成長やブレークスルーを生むきっかけをご紹介できればと思います。