ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系リーダーが日本を変える

「ラーニング・アニマル」に食らいつけ

杉江 陸・新生フィナンシャル代表取締役社長兼CEO

GAISHIKEI LEADERS
【第19回】 2015年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

若きエリート成長の鉄則は
“スモール・イズ・ビューティフル”

 では、どのようにして成長の機会を手に入れるか。リーダーとしての潜在能力を最大限に開拓してくれる機会は何か。

 私の答えはシンプルだ。小さくてもよいから、自分で完結できる責任をすべて任せてもらおう。任されたからには、他人のせい、環境のせい、などという言い訳は無用である。失敗もありだ(と構えて踏ん張ってくれるリーダーの元にいたいものだ)が、それを糧にして必ず成功するまでやり抜く。新規事業や海外事業の立ち上げなどはその典型であろう。

 一方で、海外事業を任された若手の多くが、現地事業の開始期のもたつきを厳しく指摘する上司について“OKY(おまえが来てやってみろ)”と陰で愚痴っていると聞く。だが、真のリーダーなら、できることなら自らの手で最高のチャレンジに挑みたいはず。すなわちOKYとは、“いざとなれば、「俺が来て、やってみせる」”だろう。その最高の機会をほかならぬあなたに提供し、任せ、そして結果を貪欲に求めているのなら、OKYなどと愚痴ることなどないはずだ 。

 もっとも、多くの日本企業では、世界で勝負する際どのような強みを活かし何をしたいのかが曖昧で、トップのコミットメントも感じられないケースも目立つ。そんな中で、もがき苦しみながら出る愚痴がOKYなのだろう。

 本社が教えてくれないのなら、自ら腹に落ちるまで考え、自らの言葉で語ってみよう。そして、自分で局面を切り拓いていこう。

 私はといえば、新生フィナンシャルの企画担当スタッフだった頃、いわゆる「総量規制」や「過払い」の問題で6年連続で収益が激減し、当社が生存するために不可欠と思われた苦しく重い大リストラ策の必要性を社長に直言した。すると、お前がやれと責任者として推進を任された。

 そして筋肉質な経費構造を整えた後、収益が伸びないフロントラインの抜本的変革を求めて相変わらず社長に直言をし続けていたら、ならばお前がやれと今度は社長を任されることとなった。こうして求められ、任される機会を得たことは「苦しみ」ではあったが、今も心から感謝している。

 なお、その後は無事に収益をV字回復軌道に乗せられたものの、密かに準備を整えていた海外事業は、残念ながら私自身がハンズオンで推進できないことになった。私より若く有能なスタッフに全権を委ね成長機会を提供できたのだから、皆のためにはよかったのだろう(本当は私がこの手で勝負したかったが、きっと彼らはその場を活かし、やがて私を越えていく )。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

GAISHIKEI LEADERS


外資系リーダーが日本を変える

真のグローバル経営を経験してきたビジネス・リーダーが、日本社会・日本企業の多様性の欠如や視野狭窄、長期停滞などの課題に対し新たな視点での解決策を提案し、政治・経済・教育の各分野から日本社会に変革を起こしていくことをゴールとして活動する「GAISHIKEI LEADERS」。そのメンバーが、日本企業にとって最優先課題といえる「経営のグローバル化」について各自の経験と知見に基づき、グローバル規模の仕組みを理解し、日本のユニークな強みをそれと調和させた上で一層輝かせていくための新しい「グローバル経営論」を解説します。

「外資系リーダーが日本を変える」

⇒バックナンバー一覧