1年後、企業サーベイは80点に
「17時に帰れても社員は不幸になる」

新年会の様子。今では社員たちに「挑戦する」という価値観がしっかりと根付いています

 この「挑戦」という価値観が浸透してからは、社内ではたくさんの挑戦が生まれています。まずは、新製品開発。

 朝専用洗顔のモイストウォッシュゲルは、2013年9月に発売してからたった1年間で約5億円の大ヒットとなりました。

 そして、昨年発売したBBリキッドバーは、たった1ヵ月で1万本を売る大ヒット。会社を支える第二の柱として売上をどんどん上げています。

 他にも、大きな挑戦として会社で実行してきたことは、たくさんあります。

・人事評価制度の導入
・新卒採用の開始
・初のお客様イベントを開催
・広報部の新設
・コールセンターの移管

 など、最近では社員がすっかり変化や挑戦に慣れ、いつも誰かが新しいプロジェクトを立ち上げ実行するという会社に変化したのです。

 実は、あの20点だった企業サーベイを、1年後にまた実施してみました。すると、まさかの80点。あの暗かった時期があったおかげで、私たちは企業風土を変えることに成功したのです。

「17時に帰れるから、社員はみんな幸せなんだね」と言われると、実は私はイラっとします(笑)。うちの会社は17時に帰れても不幸だったのです。

 昔は私も、早く帰れて福利厚生がしっかりしていたら社員は幸せと思っていました。でも、それは違いました。社員の幸せは、人から必要とされ、やりがいのある仕事ができることなんです。こんな当たり前のことに気がつき実行するまで、私は5年以上もかかったのです。

 この記事を読んでいる経営者がいらしたら、きっと残業を減らしたいと思っているのではないでしょうか?でも、もしかしたら残業を減らす前に、社員の働きがいに目を向けてみては?と思います。まずは社員が生き生きと働く環境であるかどうかが、残業を減らすことよりもずっと大切なことだからです。