有沢 そうですね。外国人が圧倒的に多かったと思います。ただ、各地域で人事制度がばらばらだったので、よくこれでやっていたなって思いました。

みなみ・そういちろう
1999年、モルガン・スタンレー証券に入社。2004年、幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、楽天イーグルスの創業メンバーとなり、初年度から黒字化成功に貢献。株式会社ビズリーチを創業し、2009年4月、管理職・グローバル人材に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」を開設。その後、レコメンド型転職サイト「キャリアトレック」などインターネットサービスを展開。

南 ある意味ローカル化していたのですね。

有沢 そうなんです。グローバル企業なら、統一した制度をつくって、賃金水準や文化の違いは認めましょうと提案しました。その会社は社外取締役が社内取締役より多くなった初めての日本企業です。当時、社外取締役は5人いまして、皆さん日本を代表する経営者の方でした。ある意味オールジャパンですね。私もその方々に相当鍛えていただきました。そのときつくったのが、後継者育成プランです。後継者は社長の同族でも、そうでなくてもいいですし、もちろん男女は関係なく、外国人でももちろん構いません。そのプランは現在も機能しているので、その会社はいろんな国の方々が集まった組織になっています。

 その後、同業他社との吸収合併に携わると、外資系の保険会社から人事の執行役員をやらないかと声がかかりました。人事として経験値もあがり、また金融に戻るのもいいなと思って精密機器メーカーを退職してジョインすると、直後に経営危機が起こったのです。米国から公的資金を受けて、また私は人員整理をすることになりました。過去に銀行で経験して、もう二度と公的資金は受けたくない、人員整理みたいなネガティブなことはやりたくないと思っていたのですが、結局またやることになって。そこでついたあだ名が「下り坂のスペシャリスト」(笑)。

 それから日本独自の等級制度を導入した人事制度や後継者育成プランなど、全世界のグループのなかでは異質な制度をつくりました。一通り終わり、もう統合や合併はないだろうと思っていた矢先、日系の保険会社を統合することになって。「またか!」と思いましたね。結局3回目の統合・合併を経験したあと、現職であるカゴメから声をかけてもらって転職しました。

 カゴメにグローバル人事に携わった人がいなかったので私が抜擢されたのですが、これは上層部の大英断だったと思います。当時113年の歴史上、初めて外部から登用した人事部長ですから。

カゴメ史上初の外部登用
人事評価制度を一新

南 かなり面白いキャリアですね! カゴメに入社後はどのような仕事をされたのですか?

有沢 まずはオーストラリアの大きな拠点に行って、人事評価シートを見せてもらいました。するとこれが想像よりもひどくて(笑)。例えばセールスマネージャーの評価シートには、目標の欄に「たくさんの人と会う」、結果の欄には「たくさんの人に会った」と書かれていて、その評価として「たくさんの人と会って良かったね」とあり、5段階評価の5がついていたのです。これは評価とはいわないので新しい仕組みを入れて評価制度も全面的に変えました。