いまネットメディアに決定的に足りないのは「ユーザーからの信頼」です。案外、気づかないものですが、取材を軸として展開する生産メディアのエスタブリッシュメントの多くは、ここダイヤモンド・オンラインをはじめとした出版社、読売新聞などの全国紙、時事やロイターといった通信社など伝統的メディアのネット部門です。ネット専業のメディアで十分な信頼を勝ち得たメディアは名前がほとんど上がってこないのが現状です。

 信頼あるネットメディアを作っていくために必要不可欠な仕事が「取材」です。なぜなら取材は思い込みではなく、事実に接触する行為だからです。伝統的メディアは、この重要性を理解していますが、流通、生産ともにネットの新興メディアは必ずしも理解しているとは言えません。

 まずはネットで圧倒的な影響力を持つ流通サイドのメディアが、伝統的メディアまでをページビュー至上主義競争に引きずり込んでいる異常事態に気づき、生産サイドをいい意味でコントロールすべきなのです。生産サイドは「なんてことのない記事」の方が儲かるから生産しているのであって、責任の一端は流通サイドにもあります。

 そうした努力をしていくことで、編集者は意味のある企画を考え、ライターは取材をして記事を書くことができるようになるはずです。流通サイドのメディアが自社の売上と同じくらい記事の信頼に意識を向け、ユーザーのことを考えるならば、インターネットニュースはもう少しマシな場所になるはずです。

 私は、閲覧数や売上といった現実を重視すればするほど、編集者はテクノロジーやソーシャルに負けて役割を失っていくと考えています。前LINE社長の森川亮さんもこう言っています。「おそらく多くの会社は、特に上場すると、数字のために働くことになりますよね。数字というのは、それだけを考えて上がるものではなく、むしろ数字だけ考えて働くとお客様が離れてしまうこともあります」(参照:http://diamond.jp/articles/-/72800)と。

 こういう話をすると、「そんなのは現実的ではない」という意味で「奥村さんはロマンティストですね」と言われたことが何度かあります。もし、そうであれば皆ロマンティストであるべきで、結局、ユーザーのためを考えない編集者やライターは、テクノロジーとソーシャルという現実の波の中に消えていくのです。