さて、まずは20代から足早に振り返ってみよう。20代の場合、最初の3年間は型にはまるときだ。「石の上にも3年」。仕事の型を身に着ける。キャリアテーマは周囲、上司を「安心させる」こと。3年経ったときに言われたい評価は、「○□○□さんもうちの人らしくなったね」、だ。仲間として認められた証拠だ。そうなれば、相応の仕事が与えられるようになる。

 その後のおよそ5年間のキャリアテーマは「優秀な部下であることを認めさせる」こと。30歳になる頃に何と言われるようになりたいかと言えば、ズバリ、「○□○□さんって優秀だね」である。何について優秀ということではない。ビジネスパーソンとして、部下として優秀といった意味でいい。

 ベースとなるのは、与えられた仕事を手際よくこなせること。その上で、その会社なりの優秀の定義は違うから、その癖を早く知り、その会社なりの優秀さを体現するのがいい。そのためには、ロールモデルとなる先輩を見つけて、真似をするのが近道だ。

 ここで「優秀」と思われれば、さまざまなチャレンジングな仕事を任されるようになるはずだ。

ただの「器用貧乏」にならない
“プロ”になれる人の30代

 ところがこのままで30代も過ごすと、ただの「器用貧乏」になる。ここが一番辛いところだ。周りから期待されるままに、何でも言われたことを器用にこなす。皆から感謝されて、優秀だと評価される。当然、そういった状態を続けて行きたくなるのだが、30歳を超ええるとそれだけでは周りが認めなくなってくる。

 今度は、「○□○□さんって、優秀だけど、なんていうか、要するに器用貧乏だよね」と言われるようになってしまう。周りに期待されるままに何でもこなしてきた人にとっては、理不尽極まりない評価の豹変。しかし、これが現実だ。

 では30代のキャリアテーマは何かというと、「プロフェッショナルになる」だ。組織の中で、自分なりの旗印を掲げられるようにならなければいけない。その結果、40代になる前に言われたい言葉は「××と言えば、○□○□さんだね」だ。こうなれば、周囲の期待も膨らむ。

 ここで「××」に当たる領域であるが、これは何でもいい。技術領域であったり、商品領域であったり、経理や人事といったファンクションであったりするだろうが、むしろ、そうした専門領域だけでなく、もっとヒューマンスキル的なものもあったほうがいいし、そちらの領域に特化しても構わない。

 たとえば揉め事を仲裁させる力とか、部下の面倒見の良さとか、組織を活性化できる力とか、そうした才能だ。

 さて、この連載を読まれている皆さんの多くは、この段階にいるか、もうその段階は卒業した年代の方々だろう。