“エリート”への投資こそ、
サラリーマン全体にも大きなメリットを及ぼす

 日本は今でも「スーパーマンがいない、作らない」という意味で「サラリーマン王国」である。しかし、サラリーマン黄金時代はバブル期で終わってしまった。全体の中での役割を演じるという受動的なスタンスでは、会社も個人も仕事がうまく回らなくなった。外部に積極的に働きかけ、自社や自分の居場所を確保し、積極的に賭けをして、役割を作り出していくリーダーシップが会社の役員には求められているのである。

 とくに、活動がグローバル化している現在の最大の問題は、組織内部での役割に忠実に生きてきた「いい人」であるサラリーマン役員たちが、グローバルなスケールでの実質的なルール決めをする「インナーサークル」に入れないことだ。本当に大事なことは、公開の会議の場などではなく、「インナーサークルでの議論」で決められるのは世界共通である。公的な場所では儀式的に討論がなされるだけで、その段階では重要事項はだいたい決まっていると言っていい。

 これはスポーツの世界でも同じで、過去にはF1もスキーのジャンプもバレーボールも、日本勢が勝った直後にルールそのものが変えられてしまった。それもこれも、日本人が「インナーサークル」で重要なポジションを取れていないからだ。IoTを始め、あらゆる分野での「規格づくり」で負けないことは、今後、戦略上きわめて重要なことなのだが、ここで勝つための人的投資をどれだけやってきたか、現在できているか……非常に心もとない。

 そもそも、日本のサラリーマンが役員になるのは大体50歳前後。圧倒的に遅い。そこから権限移譲された代表者として国際舞台に本格デビューするのでは、胆力が育っていないうえに、人脈ができたころに引退だ。また、「個」の弱さも問題だ。しなやかな強さはあっても、主体性や押し出しの部分で非常に「弱い」。

 また、協調を重視する日本企業だから当人に付託されている権限もあまりない。そして、悲しいことに個人としてお金を持っていない。衣食住、教養、世界観、歴史観、交友の広さ……。あらゆるものが日本のサラリーマンの平均よりは少しマシという程度だ(だからこそ、親しみも持てるのだけれども)。日本のサラリーマン上がりの役員が、グローバルなインナーサークルの仲間として認められるためには、全人格的な大変身が求められる。ちょっと海外の大学院に行ったくらいではどうにもならない(それでも行ったほうが格段に良いが)。