スマートエイジングライフ
男の食育 笠井奈津子
【第31回】 2016年1月11日
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
著者・コラム紹介バックナンバー

「炭水化物抜きダイエット」に失敗する人のNG行動

 選択肢がない中でも無理矢理に炭水化物抜きダイエットを強行するのは、むしろ控えた方が良いといえるでしょう。たとえば、ファストフードのフライドチキンばかり食べることになる、牛丼屋で牛皿ばかり食べることになる、という場合。

 確かにそれは炭水化物抜きのお食事ですし、糖質は高くないかもしれませんが、毎日揚げ物やお肉を単品で食べ続けることが果たして体に良いのか…つまり、それが健康的な体重減少につながるのかは再考すべきことです。

 また、本当に何もない!!!というところだと、コンビニで以下のようなローテーションを組むことになる方も少なくありません。

 “サラダチキン”
 “納豆”
 “豆腐”
 “ツナ缶”

 この場合、料理をいただいているというより、特定の“食品”を食べている感じで、つらい人にはつらいものです。温かいお料理でもないので、食べた満足感も得られにくく、我慢している感が満載です。こうなると、ダイエットは続きにくくなります。

意外なオススメはカレー専門店
「ごはん半量」「ごはん抜き」も可能

 スープ専門店などにいけば、低カロリーで温かいものがいただけますが、普段よりも高いお金を出してまでスープを飲みに行こう、と思うビジネスマンはそう多くはないでしょう。

 炭水化物を抜こうとすれば、そば、ラーメン、丼もの、パスタといった、簡単に、リーズナブルにお腹を満たせるお料理が食べられなくなってしまいますよね。しかも、環境によっては、これらの選択肢しかない、という場合もあるはずです。

 その場合は、この中で、炭水化物の量を調整しやすい丼ものを選択しましょう。「そば半量」を注文するのはあまりにも寂しいですが、どんぶりものは、もともと、普通のお茶碗の2杯分くらいのごはんの量があることも。量を減らしても空腹感に悩まされるほどではありません。「ごはん少なめで…」という注文は曖昧なので、「ごはんは半量にしてください」と思い切っていってしまうのがおすすめです。

笠井奈津子
[栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。
著書には『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』(PHP新書)、『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』(晋遊舎新書)、『甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 』(幻冬舎新書)などがある。
公式サイト スリップストリーム(お問い合わせ)


男の食育 笠井奈津子

目、肩や腰の痛み、毛、お腹周り、ニオイ……。男も年を重ねれば重ねるほど、若い頃は気が付かなかった悩みに振り回されることになる。そんなとき、対策の1つになるのが「食」だ。しかし、男性が自分で正しいと思った対策するのには、注意が必要だ。実は思い込んでいる知識が勘違いであるばかりか、症状は悪化、さらに若さを一層失うことになりかねないからだ。この連載では、そんな「食」の知識に未だ乏しいミドル男性に対し、若い頃と変わらない身体を保ってもらう「男の食育」を行っていく。

「男の食育 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧