──しかしながら、地方書店の経営環境は悪化する一方ですね。

 ええ、でも私はこんな風に考えています。

 本にも書きましたが、明屋書店には日々、書籍を買うためにレジを通過するお客さんが平均2万5000人います。ですが、実際はその3倍の7万5000人のお客さんが書店を訪れている。つまり毎日5万人ものお客さんを見逃している計算になるのです。

 明屋書店の販売シェアは1%ですから、日本の書店全体で見ると、日々500万人の「見込み客」がいる計算になります。これを月に直せば延べ1億5000万人の人々に販売チャンスがあることになります。

 インターネットで本を注文できる時代にわざわざ書店に来てくださるお客さんがいる。それこそがわれわれの財産だと思うのです。

 それに、われわれにはまだできていないことが多いと思います。

 明屋書店としては、そこでセブン-イレブン・ジャパンと組み、愛媛県で日本で初めてコンビニ併設型の本屋を作ったり、雑貨やコスメなどと共に本を売る「生活提案型」の店舗を複合商業施設内に設けたりしました。

 本を入り口にして、次なる売り物を提案し、次なる売り方にも挑んでいかないと書店に未来はありません。もちろん、業界には優れた書店経営者が多くいらっしゃるわけですが、なかなか活字にはなっていませんよね。そこで、業界の経営者の端くれとして、書店だけでなく中小企業の皆さんにも、何かのヒントとなればとの思いを本書に込めたつもりです。