「ガリガリ君広場」では
ガリガリ君食べ放題&運試しも

「ガリガリ君」工場見学はなぜ倍率500倍の大人気なのか工場内を案内してくださった本庄工場生産企画課の箕輪有夏さん Photo by T.U.

 見学コースの折り返し地点に見えてきたのは「ガリガリ君広場」だ。一般の見学者はここで食べ放題で、アイスの試食ができる。むろん、我々はお仕事中なので食べない。

 アイスの試食は我慢しても、「ガリガリ君大仏」の横にある「ガリガリ君おみくじ」には心魅かれた。運試しに、1本引いてみる。

「ん、これは何だ?」

 説明には、ガリガリ君おみくじは「キラキラ君」「ラブラブ君」「ウキウキ君」「ワクワク君」「ノリノリ君」「ガンガン君」「プリプリ君」「コツコツ君」「ソコソコ君」の9種類あると書いてある。しかし、筆者が引いたおみくじは、そのどれにも当てはまらなかった。

「ガリガリ君」工場見学はなぜ倍率500倍の大人気なのかガリガリ君大仏とおみくじ。行ったら運試しをぜひしてみるべき Photo by T.U.

 箕輪さんによれば、「それはシークレットですよ!」とのこと。要するに、9種類の中にはない、秘密のおみくじだそう。「ソコソコ君」を引いてしまったH女史も、「すごいじゃないですか!」と盛り上がる。

 自慢じゃないが、商店街の景品にだって当たったことはない。それくらい、くじ運がないのだ。いや、正確に言うと、一回だけ当たったことがある。「何をもらえるのか」と心躍らせて待っていたら、出てきたのはバナナ1本。昭和ではなく平成、それもごく最近の話だ。

 <こんなところで人生の運を使い果たしてどうするよ……>とやや複雑な気分にもなったが、なあに、ここは気の持ちようだ。

 この会社はやはり、何か”持っている”。このあたりくじが何よりの証拠ではないか。信じて取材を続けよう。バーのおみくじににも、こう焼印してあるし。

「なんか嬉しいことが続きそう★ニヤリ!!」

 <たのむ、続いてくれ>と願いながら、広場を後にした。

>>続編『ガリガリ君は実は「大人の食べ物」だった!こちらです。

>>続編『ガリガリ君は実は「大人の食べ物」だった!』を読む