【第2回】 2014年1月7日 ダイヤモンド・オンライン編集部 

【論点2】世界経済
先進国主導の緩やかな成長が持続
米欧中に回復を腰折れさせる火種あり