ネット証券会社比較
2017年4月7日公開(2017年4月7日更新)
久保田正伸

「一般信用取引の空売り」ができる証券会社なら、
低コスト&低リスクで株主優待・配当をゲット可能!
「空売り」に役立つ取引ツールの使い方も解説!

 株式投資には、信用取引の「空売り(売建て)」と呼ばれる手法がある。空売りを行って、約定後に株価が下がれば利益になる。空売りの使い方に熟練すれば、株価の上昇局面だけでなく、下落局面も収益チャンスになるのだ。

 では、どんなときに空売りが使えるのだろうか? 実は、相場のタイミングによって、株価が下がりやすい状況が生まれることがある。

 例えば、株主優待や配当の権利を得るには「権利付き最終売買日」の1日だけ保有していればいい。そのため、権利を取った翌日(権利落ち日)には、売りが出て株価が下がるシーンがよく見られる。

 また、新規上場のIPO銘柄は、公開価格を大きく上回る初値をつけた後に、大きく下落するケースがある。下のチャートは、最近上場した4銘柄を無作為に選び、並べたものだ。このチャートのように初値が高騰したIPO銘柄は、その反動で、上場後に下落するケースがよく見られる。

最近上場したIPO銘柄のチャート(2017年3月27日時点)。どれも右肩下がりになっている
拡大画像表示

 また、時価総額の小さな新興市場銘柄の場合、何らかのニュースが出て、株価が乱高下する場合もある。

 こういったケースは、空売りを利用して儲けるチャンス。値動きが激しいので慎重なトレードが必要だが、うまくやれば大きく儲けることができるのだ。

「制度信用取引」の空売りは
高額な「逆日歩」が発生するリスクが

 信用取引は、「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類がある。

 一般的には、制度信用取引のほうがよく利用されている。その理由は、多くの証券会社で取り扱いがあり、利用する際の金利が比較的低いからだ。

 一方、一般信用取引は、制度信用取引に比べると利用の際にかかってくる金利が高く、取り扱っている証券会社も少ない。

【関連記事】
【信用取引入門:第2回】信用取引3つのメリットと松井証券の手数料無料の新サービス「一日信用取引」を紹介!

 制度信用取引で空売りをするとき、ぜひ知っておいてほしい注意点がある。

 空売りは、株券を調達する会社(制度信用取引の場合は、証券金融会社)から株を借りることで、持っていない銘柄を売ることができる仕組みだ。そのため、空売り用に貸す株数が多くなると証券金融会社のほうで株不足になり、「逆日歩(品貸料)」と呼ばれる追加の株式レンタル料が発生する。逆日歩は、空売りの通常費用(貸株料)に追加される。

 逆日歩が厄介なのは、いつ発生するか分からず、場合によっては高騰して予想外の出費を迫られるケースがある点だ。約定した時点で逆日歩がついていない銘柄でも、後から高額な逆日歩が発生することがあるので油断はできない。

 具体的に、逆日歩が発生した銘柄の例を紹介しよう。

 下のチャートの4銘柄はいずれも逆日歩が発生している。信用取引のデータでは、信用売残(信用売りされている残高)が信用買残(信用買いされている残高)を大きく上回っている状況だ。

逆日歩が発生した銘柄の例(2017年3月16日時点)
拡大画像表示

 図の右上、ヤマシンフィルタ(6240)は、このとき1株あたり36.80円の逆日歩が発生した。100株単位なので、1単元の空売りで、逆日歩発生日に3680円の追加費用が必要となる。もし300株空売りしていれば、出費は1万円を超える。

 これで株価が下がっていれば空売りによる利益が出るが、ヤマシンフィルタの場合は株価が上昇している。そのため、空売りしている人は、「株価の上昇」と「逆日歩」の二重で損失が膨らむ辛い状況に陥っていたことになる。

「一般信用取引」は、空売りしても
「逆日歩」が発生しないのがメリット

 それに対して一般信用取引であれば、どんなに人気の銘柄でも、仕組み上、逆日歩発生が発生しない。制度信用取引に比べれば、貸株料が若干高いものの、短期的な売買ならコスト差は気にするほどではないだろう。

 また、一般信用取引では、制度信用取引では取り扱っていない上場したばかりの銘柄や、新興市場の人気銘柄の取引ができる場合もあるのも魅力だ。下の画像はSBI証券の「一般信用売り銘柄一覧」の画面だ。逆日歩が発生している銘柄でも、一般信用売りが可能となっている様子がわかる。

SBI証券の「一般信用売り銘柄一覧」(2017年3月27日時点)
拡大画像表示

「一般信用取引」で空売りができる
証券会社はここだ!

 実は、一般信用取引で買建てに加え、売建て(空売り)もできる証券会社はそれほど多くない。下の表に、一般信用で空売りができる証券会社をまとめた。

一般信用取引で空売りできる証券会社(※2017年3月11日時点)
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
  サービス名 売建可能銘柄数 買方金利 貸株料(空売りコスト)
日計り いちにち信用 3004 1.90%(0.00%) 1.90%(0.00%)
短期 短期(14日) 0 3.90%
長期 無期限 180 3.09% 2.00%
【備考】「いちにち信用」の買い方金利、貸株料は300万円以上の約定で0%。「いちにち信用」では銘柄によって「特別空売り料」がかかる。
【証券会社おすすめ比較】楽天証券公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
  サービス名 売建可能銘柄数 買方金利 貸株料
日計り 日計り信用・HYPER空売り 1011 2.80%(0.00%) 2.00%(0.00%)
短期 短期(5日) 444 3.90%
長期 無期限 132 3.09% 2.00%
【備考】「日計り」の買い方金利と貸株料は、300万円以上の約定で0%。「短期」の日数は新規建玉の建日から起算。「HYPER空売り銘柄」については、別途「HYPER料」が必要となる。
【証券会社おすすめ比較】SBI証券公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
  サービス名 売建可能銘柄数 買方金利 貸株料
日計り
短期 売短(14日) 294 3.90%
長期 長期(3年) 1568 3.60% 1.50%
【備考】「短期」の日数は新規建玉の建日から起算
【証券会社おすすめ比較】カブドットコム証券公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
  サービス名 売建可能銘柄数 買方金利 貸株料
日計り 一日信用取引 846 2.00%(0.00%) 2.00%(0.00%)
短期
長期 無期限 842 4.10% 2.00%
【備考】「一日信用」の買い方金利、貸株料は300万円以上の約定で0%。「一日信用」では銘柄によって「プレミアム空売り料」がかかる。
【証券会社おすすめ比較】松井証券公式サイトはこちら
◆岩井コスモ証券⇒詳細情報ページへ
  サービス名 売建可能銘柄数 買方金利 貸株料
日計り
短期
長期 無期限 346 3.69% 1.90%
【備考】
【証券会社おすすめ比較】岩井コスモ証券公式サイトはこちら

 表内の各スペックは、「日計り(デイトレードのこと)」「短期」「長期」の3つのサービスに分類されている。信用取引の場合、株を借りて取引をしているため、決まった期限内に返済しなければならず、この3つの分類はその返済期限を示している。

 「長期」「日計り」「短期」の順に金利が低く、「長期」のサービスで空売り可能ならば、一番低金利で取引ができる。

「一般信用取引」で空売りするときの弱点は
人気銘柄の在庫不足

 一般信用取引で空売りする場合にも注意点がある。一般信用取引で空売り用に貸す株券は、それぞれの証券会社が調達しているが、人気銘柄ではそもそも株の調達量が少なかったり、在庫切れだったりする場合がある。

 つまり一般信用取引では、逆日歩の心配がいらない分、株の在庫が常にあるとは限らないのだ。在庫切れ対策として、上記の表に掲載した複数の証券会社に口座を開いておけば、人気銘柄でも空売りしやすくなるだろう。

 SBI証券では、一般信用の空売り銘柄の在庫を利用者向けに公開している。先に紹介したSBI証券の画面では、空売り銘柄の在庫について「◎余裕あり」「▲残りわずか」「×受付不可」などと表示されている。在庫状況での銘柄検索や並べ替えも可能だ。

 一方、カブドットコム証券の場合、優待銘柄検索欄を使い、一般信用取引の空売り銘柄に絞った検索ができる。株券の在庫が少ないときは「数量制限あり」と表示され、抽選によって投資家に配分が行われる。

一般信用売りの活用法・その1
株主優待・配当狙いのリスクを抑える「つなぎ売り」

 一般信用取引の空売りは、配当や株主優待の権利取りに使うことができる。信用新規売りと現物株買いを同時に行う手法で、「つなぎ売り」「クロス取引」などと呼ばれる。

 買いと売りを同時に行うことで、値動きのリスクは帳消しにできる。さらに一般信用取引を利用することで、逆日歩発生のリスクもなくせる。一般信用取引の金利(貸株料)は少々高めだが、「つなぎ売り」を行う日数は短期間だし、株主優待は1単元だけ保有すれば権利が得られる銘柄が多いので、金利コストはそれほど高くはならない。

 証券会社のWebサイトで一般信用売りの株券の在庫を見つけられたら、低コスト・低リスクで優待品をゲットできるチャンスと言える。

 なお、「つなぎ売り」に関する詳しい手法は、下の記事で詳しく解説している。

【関連記事】
「値下がりリスクなしで株主優待をゲット!?ネット証券各社で使える「つなぎ売り」のやり方を徹底解説!」

一般信用売りの活用法・その2
上場直後のIPO株や人気の新興市場銘柄の空売り

 一般信用売りができる証券会社を使うと、通常では空売りができない上場したばかりのIPO銘柄や、人気の新興市場銘柄でも空売りできる場合がある。特に、日計り(デイトレード)向けのサービスでは、希少な株券が用意されており、通常金利に追加料金を支払うことで利用できる。

 例えば、松井証券では、最新の「プレミアム空売り銘柄」の情報がトップページに掲載されている。松井証券の「プレミアム空売り銘柄」では「プレミアム空売り料」がかかってくる。「プレミアム空売り料」は銘柄によって異なり、100円、200円程度の銘柄が多いが、1000円前後になる場合もあるようだ。

 最近上場したばかりで松井証券の「プレミアム空売り」で取り扱いがある銘柄と、それぞれ1日あたりの「プレミアム空売り料」は以下の通りだ。

■松井証券「プレミアム空売り」で取り扱いのある銘柄例 ※2017年3月28日時点
 銘柄名(コード) 上場日 空売り可能
になった日
プレミアム空売り料
ファイズ(9325) 2017/3/15 2017/3/28 13.5円
ビーグリー(3981) 2017/3/17 2017/3/27 7.7円
ジャパンエレベーターサービス
ホールディングス(6544)
2017/3/17 2017/3/27 5.8円

 一方、SBI証券の「HYPER空売り銘柄」では、「HYPER料」がかかる。

 SBI証券では、IPO銘柄について「最短で上場後翌営業日からすぐに取引できる」という。試しに、執筆時点で前日に上場したティーケーピー(3479)ズーム(6694)をチェックしてみると、確かに「HYPER空売り銘柄」となっていた。売建受注枠欄には「◎余裕あり」「▲残りわずか」などと表示されており、上場翌日からすでに空売りが可能だった。

ネット証券の無料ツールを活用して
空売り銘柄を見つけよう!

 ネット証券の無料ツールで、空売りのチャンスが来ている銘柄を探す方法を紹介しよう。

 ひとつは、チャートの形状から銘柄を検索する方法だ。使うツールは、SBI証券の「チャート形状検索」か、松井証券マネックス証券の「チャートフォリオ」で、どちらもほぼ同様の機能となっている。

 SBI証券の「チャート形状検索」では、売建可能銘柄に絞って銘柄検索が可能となっている。検索結果(下の画面)では、「無(無期限)」「短(短期)」「日(日計り)」「H(HYPER空売り)」などと信用取引の区分が表示されている。一般信用取引で空売りできる銘柄を見分けて、注文画面まですぐに遷移できるしくみになっている。

SBI証券の「チャート形状検索」の画面(2017年3月29日時点)。売建可能銘柄に絞った銘柄検索が可能だ

 さらに、デイトレードに適した銘柄の中から、一般信用売り銘柄を探す方法を紹介しよう。

 SBI証券の会員ログイン後のサイトでは「HYPER空売り銘柄一覧」が表示できるが、この一覧は並べ替えが可能だ。

 例えば、「ティック回数」の多い順番に並べ替えてみよう。「ティック回数」とは、約定回数のこと。ティック回数が多ければそれだけ頻繁に取引が行われている人気銘柄と考えられる。また、「騰落率」で並べ替えれば、高騰している銘柄を発見できる。こういった銘柄をチェックし、タイミングを見計らって空売りする投資法が考えられる。

SBI証券の「HYPER空売り銘柄一覧」でティック回数の多い順に並べてみた(2017年3月30日時点)。騰落率の高い順などで並べ替えて、空売りチャンスが来ている銘柄を発見しよう
拡大画像表示

 一方、松井証券の無料トレードツール「ネットストック・ハイスピード」では、最近、デイトレ関連のランキング情報が新設された。ランキング中で「プレミアム空売り」銘柄は「P」という文字が表示される。

松井証券の無料トレードツール「ネットストック・ハイスピード」では、「デイトレ適性ランキング」「寄り前気配ランキング」「Tick回数ランキング」の表示が可能(2017年3月29日時点)
拡大画像表示

 トレードツールなので、チャートと同時に表示できるのもメリット。ランキングの中で空売りできる銘柄を絞り込んで、それぞれの値動きをチェックしていく、といった使い方ができそうだ。

「一般信用取引」で空売りする際は
リスクヘッジを忘れずに!

 ここまで、一般信用取引で空売りできる証券会社や空売りが利用できるシーンなどについて紹介してきた。

 ある銘柄が下落に向くパターンは、自分なりに調べてみれば、他にも色々見つかると思うので、信用売りに興味がある人は自分なりに研究してみるといいだろう。

 ただし、新興市場銘柄や上場直後のIPO銘柄などは、値動きが激しくハイリスクになりがちだ。想定外の値動きをした時にはすぐに損切りするなど、対処法をあらかじめ準備した上で、上手に下落局面を収益に結びつけていただきたい。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年5月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2400本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 90本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1019本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 43本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 986本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2428本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!