SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)のメリット・手数料・取扱商品は?

SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)の
お得なキャンペーン情報

【ZAi限定】証券総合口座並びに信用口座を開設すると2000円プレゼント!

SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)の
おすすめのポイント

SBIネオトレード証券は、現物株売買手数料が「定額プラン」で約定100万円まで無料、信用取引手数料は完全無料!すべての手数料プランで業界最安クラスだ。 以前はライブスター証券だったが、2021年1月から現在の名称になった。

◆現物株の売買手数料は「定額プラン」で約定100万円まで無料。100万円超の価格帯でも大手ネット証券より割安だ。1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」なら約定5万円以下の手数料がわずか50円。すべての手数料プランにおいてトップレベルの安さを誇る。

【関連記事】
⇒売買手数料の安さで選ぶ!お得な証券会社ランキング(現物取引・1約定ごと)

信用取引ネット手数料が完全無料(現引・現渡手数料も無料)。

◆IPO(新規公開株式)の2021年取扱実績は21社。2021年にSBIグループとなったことで取扱銘柄数が一気に増加している。当選するまで前受金不要でお手軽申込み。IPOの配分は「IPO抽選優遇プログラム」により前月の売買代金合計額や、保有株・投信残高が多いほど抽選が有利になる。

◆取引ツールも充実。スマホには「NEOTRADE S」、パソコンにはダウンロード版「NEOTRADE R」、ウェブ版「NEOTRADE W」が用意され、すべて無料で使える。Webブラウザ向けの国内株式・取引情報ツール「カブ板」が新登場。主に価格情報が一覧しやすいツールで現在進化中だ。

◆投資信託は、個人投資家に人気の「ひふみ」シリーズを取扱い、「ひふみプラス」はつみたてNISAにも対応している。加えて、成長株などに投資するSBIアセットマネジメントの運用商品も取りそろえている。ともに100円以上1円単位で手軽に購入ができる。定時定額購入(積立)も可能。

SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)の現物手数料 »現物手数料の一覧表はこちら

  • 1約定ごと
  • 1日定額制
1約定ごとの売買手数料(税込)
10万 20万 30万 50万 100万 200万 300万
88 100 198 198 374 660 660

SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)の信用取引コスト »信用取引コストの一覧表はこちら

  • 手数料
  • 金利
  • 保証金等
1約定ごとの売買手数料(税込)
10万 20万 30万 50万 100万 300万
0 0 0 0 0 0

SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)の機能・ツール »機能・ツールの一覧表はこちら

  • サイト機能
  • 注文機能
  • スマホ・携帯
  • ダウンロード型ツール
気配情報(板) スクリーニング

SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)の取扱商品 »取扱商品の一覧表はこちら

  • 株式関連/先物・オプション
  • 外国株関連/FX・CFD/投資信託・金
株式関連 先物・オプション
制度信用
取引
一般信用
取引
貸株 立会
外分売
IPO 単元未満株 日経225
先物
日経225
オプション
海外先物
○(買建のみ) × ○(単元未満株売却のみ) ×

SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)の会社概要

会社名称 株式会社SBIネオトレード証券
所在地 〒106-6029 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー29階
電話番号 0120-441-250
上場企業名 (非上場)
登録番号 関東財務局長(金商)第8号
会社の歴史 2008年3月に日産センチュリー証券の証券オンライントレード部門を引き継いでスタート。2009年にISホールディングスのグループ会社となる。2011年に「株式会社ライブスター証券」に商号変更。20年にSBIフィナンシャルサービシーズ株式会社の連結子会社となる。2021年にSBIネオトレード証券に商号変更。
注記:手数料などの情報は、特に表記のないものについてはネット取引の場合。すべて税込表示。

※表の内容は当社が独自に調査したものです。投資信託の本数は、MRF、MMFを含みません。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各証券会社にお問い合わせください。

ネット証券を使い倒す!おすすめジャンル別記事紹介!
八木エミリー お金ビギナーのためのマネ活部
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報