勝ち組トレーダーによる投資コラム集
2017年6月20日公開(2017年6月22日更新)
バックナンバー

「勝ち組トレーダーによる投資コラム集」

著者・コラム紹介

勝ち組トレーダーによる投資コラム集

吊られた男

「アクティブファンドはインデックスに勝てない」
という資産運用業界にとって不都合な事実。
個人投資家はインデックスファンドのみでOK!吊られた男・連載コラム【第1回】

さまざまな有名個人投資家に連載コラムを書いてもらう新企画。その第一弾として、インデックス投資家の「吊られた男」さんに寄稿してもらいました。今回の内容は、インデックス投資家にとって最大のテーマとも言える「インデックス投資vsアクティブ投資」です。その結論は、知らなかった人にとってはかなり衝撃的かも?

【吊られた男さんの詳細記事はこちら!】
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!

約10年前からインデックス投資を実践!

 皆さま、はじめまして。吊られた男と申します。

 民間企業に勤める1サラリーマンをする傍らで、資産形成として投資をしながら「吊られた男の投資ブログ(インデックス投資)」という投資ブログを書いています。

 ブログのタイトルにも入っていますが、投資のスタイルはインデックス投資と言われる方法で、それを中心に投資全般の話題を取り上げたりしています。そんなブログですが、2007年7月に始めたので、この連載開始時点ではブログを書き始めてから10年弱ということになります。

 投資手法のインデックス投資というやり方は、私にはあっていますし、「投資に労力をかけるつもりはないが資産形成としてやっておきたい」という人にはお勧めの投資方法の一つだと思います。

 本連載では、そんなインデックス投資を中心に置きつつ、その周辺情報やタイムリーな話題についても書いていきたいと思います。

 記念すべき第一回目に取り上げるのは、「アクティブファンドの大多数がインデックスに勝てない」という資産運用業界にとって不都合な事実です。

インデックス投資は、インデックスファンドを通して
世界中に分散投資する投資法

 今回の本題は「アクティブファンドの大多数がインデックスに勝てない」ですが、その前に私が実践している「インデックス投資」が何かということを書いておきましょう。一言でまとめると、インデックス投資とはインデックスファンドと言われる投資信託を使って世界の株式や債券などに分散して投資する方法です。

 インデックスとは、「TOPIX」や「日経平均株価」、「ダウ平均株価」など、計算で求められる数字です。

 例えば、日経平均株価は、日経新聞社が日本を代表する上場企業225社を選んで、その株価を使って計算されるもので、市場全体の値動きを代表するような数字です。TOPIXであれば、東証一部に上場している企業全ての株を各企業の時価総額の比率で組み入れる、という計算で求められています (本当はもう少し細かいのですが、ここでは詳細は割愛します)。

 外国の株式でも同様で、ダウ平均株価と呼ばれるアメリカ株のインデックスは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が代表的な30社を選んで計算しています。

 日本やアメリカのような国別だけではなく、先進国全体、日本を除く先進国、新興国全体、など複数の国の株を使ったインデックスもあります。また、株式のみではなく、債券、REIT、金、穀物といった様々な投資可能な商品に対してインデックスは存在します。

■主に使われているインデックス
投資対象 対象エリア 名称
株式 日本 日経平均株価
TOPIX(トピックス)
東証マザーズ指数
アメリカ ダウ平均株価(NYダウ)
S&P500指数
NASDAQ(ナスダック)指数
イギリス FTSETM100指数
ドイツ DAX30指数
先進国全体(日本を除く) MSCIコクサイ・インデックス
新興国全体 MSCIエマージング・インデックス
債券 日本 NOMURA-BPI総合指数
先進国全体 シティ世界国債インデックス
REIT 日本 東証REIT指数
先進国全体(日本を除く) S&P先進国REITインデックス

 そして、インデックスファンドという投資信託は、これらのインデックスに連動することを目指して運用されています。日経平均株価に連動することを目指すインデックスファンドは日経平均株価が5%上がると投資信託も5%値上がりし、日経平均が3%下がると投資信託も3%値下がりするように運用されます。

 インデックス投資とは、このようなインデックスファンドを買ってひたすら持ち続ける投資法です。

 この投資法では、インデックスに含まれる銘柄は全部保有するということになるので、「どの企業の株が儲かるか」などと考えずに全部買っておくことになります。世界の株式市場や債券市場などの全体の値動きに合わせて、儲かったり損したりするのがインデックス投資です。 儲かるか損するかは、インデックスが値上がりするか値下がりするか次第です。

個別に値上がりしそうな金融商品を予測するのは
すべて「アクティブ投資」

 一方、「インデックス投資」と対になる投資法として「アクティブ投資」があります。

 インデックス投資のように機械的に決められた銘柄を持っておくのではなく、自ら売買する銘柄を選んだり、売買タイミングを考えたりする投資を総称して「アクティブ投資」と呼びます。

 具体的には、割安な株を探す「バリュー投資」、成長しそうな成長株を見つけようとする「グロース投資」、チャートを見て買い時や売り時を見極めるテクニカル分析を使った投資、今年有望な国や地域への投資、景気などを総合的に判断して株や債券やREITなどの投資対象を変える投資、為替の値動きを予測して頻繁に売買を行うFXのデイトレーダー、などは全てアクティブ投資になります。

 また、投資信託を買って、自分では投資対象の銘柄や売買タイミングを考えていないとしても、ファンドマネージャが投資銘柄や売買タイミングを選ぶアクティブファンドであれば、それもアクティブ投資です。

 つまり、大きく分けてしまえば、インデックス投資以外はアクティブ投資であると言えます。

投資のプロが運用する「アクティブファンド」は
インデックス(市場全体の値動き)に勝てない?

 さて、投資法が「インデックス投資」と「アクティブ投資」という2つがあるとして、どっちの投資法が優れているのでしょうか?

 今回は、ファンドマネージャの判断で売買するアクティブファンドをアクティブ投資の代表として、インデックスと比較してみます。これが、今回のテーマである運用業界が語りたがらない不都合な事実である「アクティブファンドの大多数がインデックスに勝てない」という話です。

 アクティブファンドでは、ファンドマネージャが投資銘柄を選んだり、よい売買タイミングを計ったりして利益を出そうとします。

 ファンドマネージャはそれを専門にして給与を得ている投資のプロです。彼らは、仕事として高い給料をもらって日々相場を分析しています。一般人ではアクセスできないようなアナリストの情報に、アクセスすることもできます。また、情報を得るにしても、年間利用料が200万円を超えるようなブルームバーグの端末なんてものを使って情報を得ることも可能です。

 そんなプロが運用するアクティブファンドですから、インデックスを凌駕する結果を出してほしいものです。 それを実現できなければ、ただの給料泥棒と言われてもしかたありません。

 しかし、世の中は残酷で、その期待は裏切られます。大多数のアクティブファンドはインデックスに負けているのです。

アメリカと日本、どちらのアクティブファンドも
大半がインデックスに敗北

 それを示すデータとして、今回はS&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが発行している「SPIVA」スコアカードを紹介しましょう。「SPIVA」は、「S&P Indices Versus Active Funds」の略で、インデックスとアクティブファンドの比較をしています。本原稿執筆時点では2016年末までのデータを比べています。

 まず、「アメリカ大型株に投資するアメリカ国内のアクティブファンド」と、アメリカの大型株の代表的なインデックスである「S&P500」を比較した結果が、下の表です。表を見ると、2016年末までの5年間、10年間、15年間のどの期間でもアクティブファンドの9割前後がS&P500に負けています。

■「S&P500」に負けた大型株アクティブファンドの割合
期間 負けたアクティブファンドの割合 
5年間 88.30%
10年間 84.60%
15年間 92.15%
出典:「SPIVA®U.S.Scorecard」(2016) 注)クリックでPDFが開きます

 大型株以外を見ても、アメリカ株のほとんどの分野で、80%以上のアクティブファンドがインデックスに負けています。

 アクティブファンドはインデックスを上回ることが目標と掲げられている場合が多いですが、それを達成できているアクティブファンドは2割もいません。8割のファンドマネージャは給料をもらって一体何をやっているというのでしょうか。

 「日本のファンドマネージャはただのサラリーマンで二流や三流だが、海外のファンドマネージャは優秀」のような声もしばしば聞こえますが、金融先進国のアメリカにおけるファンドマネージャであってもこのような成績です。

「SPIVA」には、日本で販売されているアクティブファンドの成績も載っているので、それも表にまとめてみました。アメリカ同様に大型株での比較です。

■「S&P/TOPIX 150」に負けた大型株アクティブファンドの割合 ※1
期間 負けたアクティブファンドの割合 
5年間 73.72%
10年間 68.67%
出典:SPIVA®Japan Scorecard」(2016) 注)クリックでPDFが開きます
※1「S&P/TOPIX 150」は、S&P社が作成している日本の大型株インデックス

 日本で大型株に投資するアクティブファンドは、アメリカ国内のアクティブファンドよりは善戦していますが、それでも5年間の成績では73%がインデックスに負けています。日本のデータでは最長の10年でも、69%はインデックスに負けています。

新興国株式を見ても
アクティブファンドはインデックスに惨敗

 こういうことを書くと「アメリカは最も効率的な市場だから他人を出し抜いて儲けるのは難しい。だから9割のアクティブファンドが負ける。でも、アメリカより市場が非効率な日本ではアクティブ運用の勝率が少しは改善しているので、さらに市場の歪みが大きい新興国ならアクティブ運用が有利になるはずだ」という声も聞こえてきそうです。そこで現実のデータはどうなっているか見てみましょう。

「SPIVA」から、新興国株式に投資する日米両方のアクティブファンドを、インデックスと比較した結果をまとめたのが以下の表です。

■「S&P/IFCI Composite」に負けた新興国株アクティブファンドの割合 ※1
期間 負けた割合
アメリカで販売されているファンド 日本で販売されているファンド
1年間 63.90% 82.89%
3年間 83.56% 83.33%
5年間 74.73% 93.15%
10年間 85.71% 95.45%
15年間 89.89%
出典:「SPIVA®U.S.Scorecard」(2016)SPIVA®Japan Scorecard」(2016) 注)クリックでPDFが開きます
※1「S&P/IFCI Composite」は、S&P社が作成している新興国株式インデックス

 アメリカのレポートで新興国株式の対インデックス比較を見ると、15年間で89.9%のアクティブファンドがインデックスに負けています。同様に日本のレポートを見ても、最長の10年間で95.5%がインデックスに負けています。

 非効率的な新興国ならアクティブ運用が有利とまことしやかに言う人もいますが、このレポートからはそのような結果は確認できません。

 さらに「SPIVA」では、株だけでなく債券も同じ比較をされていますが、こちらでもアクティブファンドは惨敗です。結局、先進国だろうと新興国だろうと、株式だろうと債券だろうと、アクティブファンドはインデックスに惨敗しています。

「アクティブファンド」を買うくらいなら
「インデックスファンド」を買っておけばOK

 さて、インデックスファンドはわずかな手数料が引かれていますが、基本的にはインデックスにほぼ連動しています。つまり、アクティブファンドの多くがインデックスに惨敗しているということは、インデックスファンドに対しても負けていると言えます。

  アクティブファンド < インデックス ≒ インデックスファンド

 こうなってくると、「ボトムアップアプローチで割安な銘柄を発掘し……」、「景気循環の波をよんで機動的に現金比率を……」などのアクティブファンドのお題目が空々しく聞こえてきます。

 アクティブファンドは、その宣伝用のパンフレットや目論見書では偉そうなことを言っていますが、戯言です。 アクティブファンドを買わずに、インデックスファンドを買って持っておけば十分と言えます。

ほとんどのプロの投資家が勝てないなら、
個人投資家が取るべき道はインデックス投資一択?

アクティブファンドを運用するプロのファンドマネージャの大多数が、運用を任せるに値しないような成績でした。では、プロではない素人の個人投資家がアクティブ運用をすればどうなるでしょうか?

 プロが勝てない中で、「素人でも頑張れば勝てる」というのは楽観的過ぎる考え方でしょう。素人の個人投資家が、いろいろ考えてもインデックスを上回る成績を残すのは難しいと考えておくのが妥当な考え方です。これこそが、私がアクティブ投資せずにインデックス投資をしている理由です。

 この連載が載っているザイ・オンラインを含め、マネー誌や投資情報を載せるサイトには、投資に勝つためとして様々な情報が掲載されています。しかし。プロでもダメということを前提に置くと、それらの情報を使って本当に儲けることができるのかは疑問があります。素人投資家が儲けたい場合、そのような情報を使って投資するのではなく、インデックスファンドを買って、後は投資のことは忘れていた方が、良い結果になるかもしれません。

 こんなことを書くと、「世の中には大儲けしているアクティブ投資家はいるぞ」という反論がありそうですが、これも簡単に説明がつきます。

 ひとつは運です。厳選投資した銘柄が「運良く」値上がりすれば大儲けです。中には運悪く大きく値下がりして損を出す人もいるでしょうが、運が良かった人は儲けられます。たぶん、マネー誌に載っているような成功投資家事例の何割かは、これに該当するのではないでしょうか?

 もう一つのパターンは実力です。本当に実力で儲けている人もいるでしょう。しかし、プロのファンドマネージャでも大多数が負けている世界において、実力で勝てる、しかも何年も何十年も勝ち続けるという人は、ごく一部です。大多数の人はこのような才能は持っておらず、真似して同じようになろうとしてもうまくいくとは思えません。

 それでも「運にかけて大儲けを狙いたい」「私には天から与えられた才能があるはずだ」という人は止めませんが、才能がない凡人はインデックスファンドを買っておく方がマシということが多いでしょう。

【今回のまとめ】
まずは、インデックス投資に興味を持って欲しい

 さて、長々と書いてきましたが、最後にまとめると、

・プロが運用するアクティブファンドはインデックスに勝てない
・プロで勝てないんだから、個人投資家も勝つのはもっと難しい
・だから、おとなしくインデックス投資をするのが一番

となります

 もちろんこれは私の考えであり、アクティブ投資をしたいという人はいいと思います。ただ、このような考え方があるということは頭の片隅にでも置いておいていただけると嬉しいです。

 そして、今回の話を読んで、少しでもインデックス投資に興味を持った方は、次回以降の連載もぜひ読んでもらえればと思います。 

【最新のインデックスファンド情報はこちら!】
【2017年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ライキング!信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?

著者:吊られた男さん
(『吊られた男の投資ブログ』:http://www.tsurao.com/)

大手外資系製薬会社でシステム系エンジニアとして働くかたわら、約10年前よりインデックス投資を開始し、その運用益1000万円以上に。『吊られた男の投資ブログ』は、運用銘柄から資産状況まで赤裸々に公開されており、インデックス投資家の間で広く読まれている。ちなみにHNは、タロットカードの「The Hanged Man」から。

【吊られた男さんの投資手法などはこちら!】
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
【他のインデックス投資家さんのインタビュー記事】
資産運用のキモは積立+株価暴落時のスポット買い!リーマン・ショック後の大量買いで資産を増やしたインデックス投資家・虫とり小僧さんの手法を公開!
インデックスファンドとETFの二刀流で利益アップ!運用成績+40%超のインデックス投資家・kenz氏の資産配分とポートフォリオ、おすすめ銘柄を紹介!
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年8月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2456本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 142本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1018本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券より割当のある主幹事と、多くの割当が期待できる主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1048本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。投資信託の申込手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中。投信積立、NISA・ジュニアNISAも対象。2017年6月1日(木)~7月31日(月)まで。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2485本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【最強「株」ランキング&ふるさと納税・秋冬版】
速報! 上方修正必至好スタート株13
・3年で2倍を狙う「儲かる株」ランキング!
成長+割安+配当の「3拍子揃った最強株25」
[17-18年秋冬版]ふるさと納税 大カタログ
・禁断の ふるさと納税「還元率」ランキング
株で1億円作る とっておきのマル秘ワザ
美人主婦のコツコツ「デイトレ」術!
・毎月分配型投信「本当の利回り」激辛診断!
・アナタの危険度は?「老後貧乏」から脱出!
利回り6%超も! 直近3カ月の「新設優待株」
・まだ買える? 高値更新中の米国株をチェック
・勝谷誠彦の「兵庫県知事選挙・散財記」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!