ネット証券会社比較
【第9回】 2012年4月19日公開(2016年6月9日更新)
ザイ・オンライン編集部

「5大ネット証券」の時代は終わった!?GMOクリック証券が株の売買代金でネット証券3位に

「5大ネット証券」という言葉は、すでに過去のものになったかもしれない。

 株式投資の世界では、店頭販売が中心だった既存の大手証券会社(SMBC日興証券、大和証券、野村證券など)に対して、ネット証券の大手5社(SBI証券カブドットコム証券松井証券マネックス証券楽天証券)を「5大ネット証券」と呼んできた。

 しかし、異変が起きた。

GMOクリック証券が4月10日に発表したニュースリリースによると、同社が独自に算出した2011年度の株式売買代金のシェアで、1位SBI証券、2位楽天証券に続いて同社が3位になっているという。以下4位マネックス証券、5位松井証券、6位カブドットコム証券、7位が岡三オンライン証券となっており、売買代金に関しては、従来の「5社」で括るのはすでにつらい状況になっている。

 上位7社を対象にした集計なので、シェアの数字に意味はないが、順位についてはこの通りで間違いなさそうだ。また3位以下の差は非常に少ないが、GMOクリック証券が事実上「3位グループの中でトップ」となった格好だ。

GMOクリック証券によれば、同じ基準で算出した2010年度の順位は6位で、今回初めて年間で5大ネット証券に食い込んだという。

「GMOクリック証券」とはどんな会社?

 では、GMOクリック証券はどんなネット証券なのか。まだ、なじみがない人もいるかもしれないので紹介しよう。

開業は2006年5月。社名は「GMOインターネット証券」だった。その名の通り、GMOインターネット(9449)のグループ会社としてスタートした。

 このころ、すでに確固たる地位を築いていた5大ネット証券に対抗する新興勢力の登場が話題となっていた。GMOインターネット証券とともに注目を浴びていたのが、ほぼ同時期に開業した野村証券グループの「ジョインベスト証券」だった(現在は「野村ネット&コール」として野村証券の一部門となっている)。

 開業時、雑誌「ダイヤモンド・ザイ」では、GMOインターネット証券の高島秀行代表取締役社長にインタビューしていた。高島社長は、現在もGMOクリック証券の社長である。そのときの取材メモを見ると…

GMOインターネット証券(当時)開業直後の「ザイスポ」記事(2006年7月)

 2006年5月の開業時にザイ編集部が行った取材で、高島社長は、

 「GMOインターネット証券は、“取引の仲介”に特化した証券会社を目指す。そのために取引プログラム(API)を解放して、個人投資家に自由にトレードプログラムを書いてもらい、自分なりに分析したツールを自由に使った自動売買、プログラムトレードができる環境を作る」と語っていた。ネット技術に精通した高島社長の下、システムを自社開発していたことも特徴だった。

「低コストだけど機能は少ない」の独自路線から変更?

「取引環境だけを低コストで提供するので、ニュースやテクニカルツールは各自で仕入れてほしい」というGMOインターネット証券の主張は、日本の個人投資家にはレベルが高かった。また、開業当初はジャスダック銘柄の取引ができなかったことなども影響し、すぐに投資家の支持を集めたとは言えなかった。ただ、取引手数料は当初から業界最低水準だったことで、徐々にその名を知られていく。

 2007年には、GMOインターネットグループの熊谷正寿会長が個人大株主となる形で独立。社名を「クリック証券」に変更した。その後はFXを中心にサービスを拡充。FX界でも新興勢力として低スプレッド競争を仕掛け、取引高を急拡大した。株式取引でも、2009年にジャスダックに対応し、手数料も常に業界最低水準を維持してきた。

GMOクリック証券の現在のトップページ。株とFXなどが1つのIDで取引可能。(画像のクリックでザイ・オンラインの「GMOクリック証券詳細ページ」にジャンプします。)

 その後2010年10月、クリック証券は再びGMOインターネットの100%子会社となる。2011年4月に社名を現在の「GMOクリック証券」に変更した。

 現在のGMOクリック証券の印象を、何人かの個人投資家に聞いてみると、「取扱い商品すべてで手数料が安い点がメリットだが、ツールはシンプルで機能が少ない」と答える人が多かった。

 株式取引のシェアの拡大に伴って同社では、シンプルすぎる路線からの変更も進めているようだ。4月16日には、シンプレクス・コンサルティング社の取引システムを採用したフル機能のツール「スーパーはっちゅう君」をリリースした。(このツールの詳しいレポートは後日公開予定。)

 大手5社に新興勢力が入り交じって混戦模様のネット証券界。昨年以降、マネックス証券カブドットコム証券も、現物株式手数料を業界最低水準に近いところまで値下げしていて、もはや新興勢力も手数料の安さを売りにするのが難しい状況だ(ネット証券の手数料比較はこちら)。

 今後は取扱商品の品揃え強化やツールの無料化など、サービス面での競争が激しくなりそうだ。競争によって、低コストはそのままでさらに便利になるなら、投資家にとってはうれしい限りだ。

GMOクリック証券【証券情報⇒GMOクリック証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値)*税抜 口座開設
10万円 30万円 50万円
98円 241円 241円 >>Amazonギフト券4000円分プレゼント
GMOクリック証券のキャンペーン詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券の特長】
株式売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、株主優待名人・桐谷広人さんも利用している人気の証券会社。近年は各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、ネット証券で上位5社に食い込むほど急成している。本格派のトレードツール「スーパーはっちゅう君」は株と先物取引の両方に利用できる優れもの。また、商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFD(差金決済取引)まである充実ぶり。CFDでは「日本225」「原油」「米国30」ほか、株式指数、商品(コモディティ)指数、人気の外国株など多彩な取引ができるので、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできて便利だ。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【ZAi限定】口座開設+取引1回でAmazonギフト券4000円分プレゼントキャンペーン実施中!
GMOクリックの口座開設はこちら!
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年2月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2288本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 90本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円
1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められる。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと 1日定額 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 797円/日

(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、投資信託を除けば、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 955本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2371本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。
「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

 

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 口座開設の早さはピカイチ!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

最短翌日に取引可能な
スピード口座開設も!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 口座開設が早いだけでなく手数料も最安レベル!関連記事

 

Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

高配当株&10万円株
毎月分配投信大分析
老後資金1億円の罠

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【付録:ふるさと納税「定番」特産品ランキング】
守り高配当株攻め10万円株
●これからの銘柄選び投資配分の仕方
好調3投資信託に学ぶ負けない銘柄の選び方
●2016年の株式市場に学ぶ買いのタイミング
●守りの「株価も安定高配当株18」
●攻めの「自力で好調10万円株18」
●攻めの「景気に連動10万円株16」
毎月分配型投資信託の利回り&分配健全度
日本郵政マクドナルドの株大量売却報道に迫る
●プロが診断!読者の塩漬け株メッタ斬り
トランプでどうなる!? 米国株大予測
●投資信託の分散投資の正しい組み合わせ
老後資金1億円は本当に必要なのか!?
保険料通信費のガッツリ削減テク

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!