ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く男女の「取扱説明書」

「男ニキビに悩む女」と「37歳が怖い男たち」

――男社会のプレッシャーに苦しむ男と女

西川敦子 [フリーライター]
【第5回】 2008年8月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「ねえねえ、ちょっと聞いてちょうだいよ」

 それはある日曜日。持ち帰り残業していた氷河秀子さんの携帯に、実家の母親から電話がかかってきた。やれやれ、また長話が始まるぞ――氷河さんはひそかにため息をついた。

 「お父さんたらひどいのよ~、人の家事の仕方にいちいち文句をつけるのよ。じゃあ自分が全部やればいいじゃないのよねえ。定年して暇なんだから。私もう、外で息抜きしないと頭が変になりそう。あっそうそう、銀座にいいレストランを見つけたんだけど、今度行かない?こないだもお友達と行ってきたんだけど、すごくおいしかったのよ~。そうだ、そういえばそのお友達のお姉さんがね、この前、手術したんですって。大腸がんですってよ。怖いわねえ。あたしもこの頃、お腹の調子がおかしいのよ。変な病気じゃなきゃいいんだけど、お父さんに言っても全然聞いてくれないのよ。いやあねえ」

 話の脈絡はまったくないのだが、要するに「お父さんたらいやあねえ」と言いたいらしい。氷河さんは少々うんざりしてきた。「悪い。今、あたし仕事中なんだ。あとでかけなおす」「あらそうなの?それは悪かったわあ~。大変ねえ、てぬぐい残業も」「…てぬぐい?ちげーよ!!ふろしき残業!」

「男性化」する
若い女性たち

 東海大学の小林千草教授が女子短大生を対象に実施した調査によれば、「違う」を「ちげーよ」と言う学生はなんと45.7%。ほかにも「やっぱそうか!」「うるせーよ」「それ、いいじゃん!」などの言葉を使う女性が増えているそうだ。

 さすがに「ちげーよ」は、氷河秀子さんのような30代女性ではまれだが、若い女性の中で「男言葉」が広がりつつあるのは、間違いないところだろう。小林教授によると、母親世代の使う「女言葉」は、若い世代ではすでにすたれており、かわりに「ニューハーフ」が使っているという。

 言葉づかいだけではない。ものの考え方、感じ方についても、「母親世代に比べ男性化している気がする」という女性は少なくないようだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
すれ違う男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

【NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!】 最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピー ク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


働く男女の「取扱説明書」

出産後も辞めないアラフォー女、3年で辞める腰掛け男 etc・・・、時代が変われば、働くルールも様変わり。働く男女にまつわる悲喜こもごものケースを多数紹介。男女が共存共栄していくための新たな職場のルールを提案します。

「働く男女の「取扱説明書」」

⇒バックナンバー一覧