名投資家に学ぶ「株の鉄則!」
2015年5月20日公開(2017年3月2日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

名投資家に学ぶ「株の鉄則!」

ピーター・リンチ、ウォーレン・バフェットなど、世界的な名投資家と言われる人たちの具体的な手法や売買タイミング、考え方を掘り下げる。個人投資家が学べる株式投資の極意を体系化していく!月刊誌ザイの連載より転載。

ザイ編集部

運用資産を13年で777倍にした
ピーター・リンチがその投資人生から編み出した
「ピーター・リンチの25の黄金律」とは?新訳『ピーター・リンチの株の法則』翻訳者の平野誠一氏に聞く(最終回)

運用したファンドの資産を13年間で777倍にした伝説を持つ、稀代の投資家・ピーターリンチ。本人自ら具体的な投資手法や銘柄選択について記した数ある著作の中から、『ピーター・リンチの株の法則』(旧題:ピーター・リンチの株式投資の法則)が20年ぶりの新訳となって発売された。いまだに色褪せないその内容を翻訳担当の平野誠一氏にお話しいただく最終回。今回はピーター・リンチの投資のエッセンスについてお聞きした。

カリスマ投資家の著作には珍しく投資信託への投資指南も入っている『ピーター・リンチの株の法則」(画像をクリックするとAmazonのページが表示されます)

*第1回 「100万円が13年後に2800万円になったピーター・リンチ式のボトムアップ投資手法はいまの個人投資家でも実践できる!」 はこちら

*第2回 日経平均株価2万円、ダウ1万8000ドルの相場をピーター・リンチ、ウォーレン・バフェットならどう考え、どう動き、どう売買するのか?はこちら

編集部 ピーター・リンチがその投資人生から学んだとされる教訓、たとえば「投資は楽しい。エキサイティングだ。ただし、下調べを全くやらずに手を出すのは危険だ」などが並んでいる「ピーター・リンチの二五の黄金律」は巻末に置かれていることもあって地味な印象ですが、個人投資家にとっては大変タメになる内容だと思いました。

平野氏(以下、平野) はい。本当に地味で、読むのを省略してしまいそうになりますが、本書のエッセンスが詰まっているように思います。

編集部 全25条のうち、これだけは現在の個人投資家にぜひ知ってほしい、といったものはありますか?

平野 株式や株式投信への投資で資産を長期的に増やしたいという個人投資家には、ぜひすべての項目に目を通していただきたいと思います。ただ、私自身は、黄金律を翻訳していて特に印象に残ったことが3つありました。

 1つめは、集中投資と分散投資の使い分けです。第14条では、

「・・・プロのファンド・マネジャーは分散投資を義務づけられているが、普通の投資家は少数の優良株に集中投資できる。保有する銘柄の数を増やしすぎると、この有利な立場をみすみす手放すことになる。・・・」

 と述べており、第8条では「一度に保有するのはせいぜい5銘柄」だと説いています。ところが第23条では、

「株は買いたいが、下調べは面倒だしその時間もないという場合は、株式投信に投資すること。この場合は、分散投資が得策だ。成長株、割安株、小型株、大型株といった具合に運用スタイルが異なる投信を組み合わせるべきである。・・・」

 と書いているのです。いろいろなスタイルの投信を買っておけば、「株式市場で最も上昇している分野に常に投資していることになる」(新訳110ページ)というのがその理由です。

 そう言われてみればその通りですが、意外ですよね。分散投資の必要性が説かれることの多い個別株投資で集中投資を強調し、すでに分散が済んでいるはずの投資信託で分散投資を勧めているのですから。

物事を長期的に考え、時間を味方に付ける

平野 2つめは、時間を味方に付けるという発想です。第22条にはこうあります。

「優れた企業の株を買うときは、時間が味方になってくれる。辛抱強く待てるからだ。例えばウォルマート株は、上場後5年以内に買うことができればもちろんよかったが、その次の5年の間に買っても良い結果が得られた。逆に、オプションを買うときは、時間を敵に回すことになる」

 時間を味方に付けるには第17条でいう「胆力」も必要になるでしょうが、これは物事を長期的に考えることで、例えばリンチ氏の言う「もっと大きな大局」に目を向けることで高められるかもしれません。

 3つめは、予言・予測についてです。第19条にはこうあります。

「将来の金利や景気の動向、株式市場の方向性などを予言できる人は1人もいない。そんな予測はすべて無視し、投資先の企業で今実際に起こっていることに神経を集中しよう」

 なるほど、と思うのですが、実はたいてい当たる予言や予測もあるのではないかと私は考えています。

人口動態とリンチ式銘柄選択の合わせ技

平野 これも拙訳書で恐縮ですが、神田昌典さんに監修していただいたハリー・S・デント・ジュニア著『最悪期まであと2年! 次なる大恐慌:人口トレンドが教える消費崩壊のシナリオ』(2010年)という本にこんな一節があります。

人口減少と経済のダウントレンドについて論じた『最悪期まであと2年!次なる大恐慌』(画像をクリックするとAmazonのページが表示されます)

「米国や大半の先進国で暮らす平均的な世帯の支出は、世帯主の年齢が46~50歳(平均48歳)のときにピークを迎える。・・・つまり出生数の多い年の48年後は好況になりやすいと考えられる。」(60ページ)

 たしかに、30代になれば家を買う人も出てきますし、40代になれば子どもの教育費や食費がかかります。実際、本書によれば、ポテトチップスの世帯消費額は、世帯主が42歳のときに最も多くなるのだそうです。また、住宅のリフォームも必要になるかもしれません。40代後半にかけて、何かと物入りになるわけです。

 ということは、40代の人がたくさんいる時期には、国全体の支出額もその分多くなって内需が押し上げられ、景気も比較的よくなると考えられます。日本でも、思い起こせば1980年代後半のバブル期は、いわゆる団塊の世代が40代になった時期でもありました。

 40代の人が多くなる時期がいつなのかは、人口統計を見ればおおむね正確に分かりますから、戦争や天変地異などによる人口構造の大変動でもない限り、「20XX年代は景気が底堅い」とか「逆に20YY年代の景気は崩れやすい」といった予想は大体当たると考えてよいのではないでしょうか。こうした人口統計をベースにした予測も踏まえて、リンチ式の銘柄選択に取り組むというやり方もあると思います。

編集部 人口動態については先日もアメリカの有名投資家が「この15年以内に大きな問題となるであろう」と発言し話題を呼んでいました。これからの経済状況に大きく影響することなので、投資をする際には頭の片隅に入れておきたいですね。それではこのインタビューも最後となりますが、最後に読者のみなさんに一言お願いします。

平野 本書は、20年前に書かれたものであるにもかかわらず、今日の日本の個人投資家にとっても十二分に有用な視点やものの考え方、そして心構えを教えてくれます。また、ピーター・リンチ氏の誠実で飾らない人柄に触れたり、やや自虐的なユーモアを楽しんだりすることもできます。ぜひ一度手にとっていただきたいと思います。(了)

『ピーター・リンチの株の法則』
「アマチュアでもプロに勝てる」をコンセプトに、投資の理論を中心に構成した1作目に続く第二弾が新訳版として復活。新たに追加された箇所や、読者がもっとも興味のあった「ピーター・リンチがどのようにして、資産を増やしていったのか」という疑問に答える中身になっている。

 ピーター・リンチは銘柄を選ぶときに、「どうしてこの株を買ったのか」というメモを必ず残しており、13年間の現役生活を終えて、これまでのメモをすべて洗い出し、1800万ドルを140億ドルに増やした「勝つための法則」を1冊に凝縮した。

「割安だからと、よく調べもしない会社に投資するな」
「投資する会社を90秒で説明できないようなら買うな」
「業績が上向いている会社の最強のライバル会社を買え」
「小型成長株・循環株と保守的な銘柄を相場の上げ下げでコントロールせよ」
など、今でも使える投資戦略を著者の経験談より学ぶことができる。

もちろん成功談だけにとどまらず、著者の負けっぷりも読みどころ。豪快な負けから生まれた反省点、後悔した点なども赤裸々に語られているので、ただの勝ち自慢ではない読み物としての面白さもあり、株の教科書として大いに役立つこと間違いなしの一冊。

 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年6月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2419本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 121本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 43本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1011本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。投資信託の申込手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中。投信積立、NISA・ジュニアNISAも対象。2017年6月1日(木)~7月31日(月)まで。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2428本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!