ザイスポ!
2015年7月15日公開(2015年7月21日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

足立武志 [公認会計士、税理士、ファイナンシャル・プランナー]

公認会計士、税理士、ファイナンシャル・プランナー(AFP)
足立公認会計士事務所代表、株式会社マーケットチェッカー取締役。
1975年神奈川生まれ。一橋大学商学部経営学科卒。資産運用に精通した公認会計士として、執筆活動、セミナー講師などを通じ、個人投資家に対して真に必要・有益な知識や情報の提供に努めている。現在、楽天羞悪券にて資産運用のコラムを連載中。
著書に『すぐにできる!らくらくネット投資」(高橋書店)、「それは失敗する株式投資です」「超実践・株価チャート使いこなし術」(ともに日本経済新聞出版社)、「はじめての人の決算書入門塾」(かんき出版)、「知識ゼロからの経営分析入門」(幻冬舎)などがある。

ザイスポ!

ザイ・オンライン編集部発! 投資に関するあらゆるニュースを独自の視点で突撃取材! カリスマ個人投資家のスゴいテクニックや、誰も知らないスゴイ株の掘り出し情報、株主優待を味わい尽くす技、さらにネット証券の限定キャンペーンでトクする方法や、ツールの使いこなし術まで、編集部が足で稼いだ鮮度バツグンの情報をお届けします。

足立武志 [公認会計士、税理士、ファイナンシャル・プランナー]

6月29日の日経平均株価暴落の中で
減益予想と発表したクスリのアオキ(3398)を
なぜ私は「買い」と判断できたのか?資産運用に通じた公認会計士が投資家の行動を読み解く(第2回)

前回は、『株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書』の著者、公認会計士の足立武志さんによるアベノミクス相場に乗れなかった個人投資家についての説明でしたが、第2回の今回は、個人投資家とプロはどこが違うのか、個人投資家がプロと互角に戦うにはどうしたらいいのか、に加えて、減益予想を発表後、日経平均が暴落する中でストップ高になったクスリのアオキ(3389)を例にとって株価トレンドの見方についてもレクチャーしてもらいます。

「株価チャート」について、基礎から実践法、特殊なケースまでを一気に学べる『株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書』(ダイヤモンド社)。クイズも付いている

個人投資家はプロ投資家より情報量も時間も限られている

 株式市場とは面白いところで、個人投資家(言うなればアマチュア)とプロ投資家が同じ土俵でしのぎを削っています。

 個人投資家とプロ投資家の違いを一言でいえば、「情報量と時間の差」です。プロ投資家は個人投資家に比べて圧倒的に情報量が多いですし、各銘柄を分析するための時間も多く割くことができます。でも、普段日中は仕事をしている個人投資家の場合はそうも行きません。

 そのため、個人投資家がプロ投資家を真似てファンダメンタル分析をしてみても、どうしてもその精度はプロ投資家と比べて低いものになってしまいます。

個人投資家のファンダメンタル分析は「本物」とはいえない

足立武志(あだち たけし)公認会計士、税理士、ファイナンシャル・プランナー(AFP)。足立公認会計士事務所代表。株式会社マーケットチェッカー取締役。著書に『株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書』『株式投資 悩んだときの解決帳』(ダイヤモンド社)など。

 個人投資家のファンダメンタル分析は、会社が発表する業績予想や会社四季報に掲載されている予想値をもとに行うことが多いと思います。でも、会社や四季報の予想をそのまま鵜呑みにするのでは、本物のファンダメンタル分析とはいえません。

 例えば、決算発表時に企業が発表する来期の業績予想が減益の予想なのに株価が大きく上昇するケースはよくあります。逆に来期の大幅増益予想を発表したにもかかわらず株価が大きく下がってしまう銘柄も決して珍しくありません。

 なぜ減益予想なのに株価が上がり、増益予想なのに株価が下がるのか、それはプロ投資家が、企業発表の業績予想とは異なる予測をしているからです。それを踏まえてプロが投資行動を起こした結果が、株価の反応として表れているのです。

ですから、業績予想が悪くても、プロ投資家が「本当はもっと業績が良いはず」と判断すれば株価は上昇し、絶好調の業績予想であってもプロ投資家が「そんな好調なはずはない」と判断すれば株価は上がらないのです。

 会社発表や四季報の数字をみて業績を「想像する」のが個人投資家のファンダメンタル分析、会社発表や四季報の数字を鵜呑みにせず自らが業績を「予測する」のがプロ投資家のファンダメンタル分析なのです。そして、両者にはその精度に大きな差があるのが現実です。

プロとの精度の差を埋めるための方法の1つが「株価トレンド分析」

 もちろん、個人投資家であっても、精度の高いファンダメンタル分析を行っている人はいます。でも、その域に到達するためには長い時間と沢山の労力、努力が必要です。多くの個人投資家にとっては難しい話ではないでしょうか。

 そこで、私たち個人投資家としては、プロ投資家との差を補うための何かがどうしても必要となります。

 筆者は自らが日々実践している「株価トレンド分析」を併用することで、プロとの差を補っています。

 「株価トレンド分析」は拙著「株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書」にて詳細に説明していますが、ここで簡単に説明すると、移動平均線と株価の位置関係で株価のトレンドを判断し、株価が上昇トレンドの間は新規買いおよび保有継続をし、下降トレンドの間は保有株を売却し、新規買いは控えるというものです。

 株価トレンド分析は非常に簡単で、ファンダメンタル分析の精度をプロ並みに高めようとするのに比べて時間も労力も努力も僅かで済むのが長所です。

 例えば会社発表の業績予想や会社四季報の予想数値が増収増益だったとしても、株価のトレンドが下向きであれば、プロ投資家はこの増収増益予想を信用していない可能性が高いと考え、買いを見送ります。逆に、増収増益を続ける会社が来期の予想を減益と発表しても、株価のトレンドが上向きであれば、プロ投資家はこの減益予想は保守的すぎると判断していると考え、新規買いを実行します。

ファンダメンタル分析の精度を高めるのが理想ではあるが

 最近の具体例をあげれば、クスリのアオキ(3398)は6月26日(金)の決算発表時に開示した来期の業績予想において、大幅増収ながら減益の予想と発表しました。ところが翌営業日(6月29日)の株価はストップ高、その後も株価は高値追いを続けています。これはまさに、プロ投資家が減益予想はあまりにも保守的すぎるとして信用していないことの表れです。

 減益の予想にもかかわらず、かつギリシャ問題を嫌気して日経平均株価が約600円も下落する中での非常に強い株価の動き、そして株価が上昇トレンドを維持していることをもって、新規買いの絶好のタイミングであったといえるでしょう。

クスリのアオキ(3398)の日足チャート(1年)。*チャート画像をクリックすると最新のチャートがご覧になれます。SBI証券HPより

 

 個人投資家も、最終的には精度の高いファンダメンタル分析一本で、満足のいく投資成果をあげるようになるのが理想ではありますが、やはり理想と現実は違います。常に理想形を思い描いて努力しつつも、ファンダメンタル分析と株価トレンド分析とを併用して、しっかりと利益をあげることができる投資スタイルをまずは確立するのがよいのではないでしょうか。

次回は、個人投資家が陥りやすい「ファンダメンタルの罠」とその対処法について考えてみたいと思います。

大好評の「株を買うなら最低限知っておきたい」シリーズ!
株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書のAmazon購入ページへ
 
株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書のAmazon購入ページへ
株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書のAmazon購入ページへ
株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書の楽天ブック
株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書のAmazon購入ページへ
株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書の楽天ブック購入ページへ
初心者からセミプロまで、幅広い層の個人投資家に高く評価されている『株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書』シリーズ第2弾。今回は、投資家からのニーズの高い「株価チャート」について、基礎から実践法、特殊なケースまでを一気に学べる。特にユニークなのは、クイズのページ。株価チャートについてサクサク進むクイズ形式のページがついており、楽しみながらチャート分析を復習できる。また、ソフトバンクなど人気銘柄については、著者が「自分ならこうする」という投資法を紹介。後講釈になりがちな株価チャートの使いこなし方をホンネで紹介する決定版。 公認会計士かつ、個人投資家の著者だからわかる、四季報、決算短信、有価証券報告書で株に勝つ方法。どん底からの「復活株」、業績好調の「成長株」、忘れられたひヒーロー「割安株」の探し方から、粉飾、倒産銘柄の回避法までがこの1冊でわかる。著者自身が本当に使っている方法を余すことなく公開。 業績・財務の知識なしに株では勝てない。会社四季報、決算書をフル活用した銘柄の選び方。銘柄選びにとどまらず、買いタイミング・売りタイミングについても詳細に解説。「銘柄を選ぶ→買う→売る」のすべてをサポート。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年3月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 90本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められる。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、投資信託を除けば、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 955本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2371本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 口座開設の早さはピカイチ!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

最短翌日に取引可能な
スピード口座開設も!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 口座開設が早いだけでなく手数料も最安レベル!関連記事
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! その
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

隠れ割安株ベスト66
人気株500激辛診断
長期優遇の優待株34

5月号3月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【まだ買える!トランプ相場の上昇株ベスト18】
円安メリット株想定ドル円レート一覧
・長期で狙う!連続増収増益株ランキング
・長期で狙う!連続増配株ランキング
・売り・買いをズバリ!人気株500診断
・買いの10万円株高配当株優待株21
失敗しない投資の鉄則7カ条
・元本保証のネット定期&個人向け国債
・不透明な世界に備える金への投資
・積み立てがベスト!増やす株式型投信
・利回りを欲張らない!健全分配型投信
長期優遇あり株主優待株ベスト34
上場全3629銘柄最新理論株価
最高3%退職金専用定期利回り比較
別冊付録・相続&贈与などの節税ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!