株ニュースの新解釈
【第143回】 2016年7月4日公開(2016年7月4日更新)
バックナンバー

「株ニュースの新解釈」

著者・コラム紹介

株ニュースの新解釈

保田隆明 ほうだ・たかあき
1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で 投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月よ り現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。 保田氏ブログ

保田 隆明

ふるさと納税の返礼品、金券がなぜダメなのか?
資金調達額が全国1位となった宮崎県都城市などの
「地元産の高還元率返礼品」について考えてみた

 先日、総務省が2015年度の全国のふるさと納税の状況を公表した。それによると、2015年度の全国のふるさと納税による資金調達額は1653億円となり、前年度比4.3倍に上ったことがわかった。

 この数値については、2015年10月時点で2015年度の上半期の数値が公表されていたこともあり、想定できた数字ではあるが、1653億円というのは数字としては大きいものであり、ふるさと納税の存在感がますます大きくなってきたことは間違いない。そんな中、返礼品について電化製品や金券などの提供を控えるように総務省からお達しが出た。今回はこの問題について考えてみたい。

ふるさと納税の返礼品
換金性の高いものや商品券は自粛へ

 ふるさと納税に関しては、提供される返礼品の魅力度合いが各自治体の資金調達額に大きな影響を与えるため、より消費者にアピールしようと換金性や資産性の高い返礼品を提供する自治体が昨年度は相次いだ。

 それに対して総務省は今年4月1日に通達を出し、パソコンやiPadなどの換金性の高い電化製品、それに商品券などをふるさと納税の返礼品として提供することを自粛するように各自治体に求めた。

 もともとは地元に住民税として納めるべき税金を特定の自治体に「寄付」するのがふるさと納税であるが、その寄付金額の大半は翌年度の減税や税金の還付という形で戻ってくる。実質的な自己負担は2000円にすぎない。それに対して、換金性の高い商品や商品券が返礼品として提供されると、ふるさと納税をした人たちは不当に得をしてしまうことになる。

 年間で数万円程度の農産物などの特産品であれば、地域振興にもつながるということで理解も得られようが、高額所得者ほどふるさと納税ができる金額が大きく、また受け取る返礼品の額も大きいため、人によっては数千万円単位の商品券を入手してしまっている。これは不公平な節税行為にあたるのではないかという批判が多く存在した。

後発自治体の奇策はある意味自然な流れだが
今後は「地元産の返礼品」「還元率」がカギとなる

 一方、返礼品の魅力度合いで資金調達額が変わるのであれば、ふるさと納税における後発の自治体が巻き返す策は限られており、先行する自治体よりも魅力度の高い返礼品を提供するしかない。その意味では、換金性の高い物や資産性のあるものを返礼品にしようという発想が出てくることは極めて自然である。

 したがって、これら資産性や換金性の高いものを返礼品として提供した自治体を責め立てることはなかなかできない。むしろ、後発自治体ゆえに知恵を絞った結果なのだ。

 しかし、ふるさと納税の制度を存続させる、あるいはこの制度を健全なものとして発展させていこうと考えるならば、やはり不当な節税につながるような状況は是正される必要がある。その意味で4月1日の総務省の通達は致し方ない。

 資産性の高いiPadやノートパソコンは、それを返礼品として提供しても地元は潤わないので、地域活性という視点をもう少し持つことができれば、また違ったアプローチもあっただろう。

 たとえば、2015年度のふるさと納税での資金調達額が全国1位となったのは宮崎県都城市だが、同市はふるさと納税での寄付金額に対して戻ってくる返礼品の価値が高い。いわゆる還元率が高いのだ。

 この高い還元率については、別途賛否両論があるのであるが、同市の返礼品は地元産のものなので、還元率が高い分自治体に残るお金は少ないが、代わりに地元の事業者が潤うことで、雇用や消費を創出するので、実は経済波及効果は高い。ノートパソコンやiPadだとこういう地域経済へのプラスがないのだ。

 よって後発自治体の戦い方としては、都城市を上回る還元率を提供するというのは一つの策かもしれない。

返礼品で商品券を提供することは、
自治体にとっては効率的なことという事実

 一方の商品券の場合の問題は、節税よりももっと他のところにある。

 商品券が地元でのみ使用が可能であれば、域外から人を呼び込む力があるため地域振興につながる。しかし、その商品券が、ネット通販でも使用可能となると、人は東京にいながらその商品券でモノを購入することが可能となり、当該地域に足を運ぶ必要性はなくなる。

 また、その商品券で購入できるものが、地域の特産物等に限定されていれば地域にお金が確実に落ちるが、全国津々浦々どこでも買えるようなものや、ブランド品なども購入できるとなっては、商品券はその地域に人を呼び込むこともできないし、地元の商品を販売することにも役立たない。

 つまりふるさと納税でお金をせっかく調達したとしても、その半分以上のお金は商品券という形になって完全に域外に流出していくことになる。したがって、商品券を返礼品とする場合は、確実に地元経済を潤すような、地域経済活性化につながるような設計をすることが重要になる。

 なお、自治体の視点になってみると、一つの違った景色が見える。

 例えば、1万円のふるさと納税に対して7000円分の商品券を提供する場合、3000円のお金はその自治体に残る。7割が流出したとしても、ふるさと納税で調達する金額の総額を増やしさえすれば、手残り金は大きくなる。10億円調達して7億円出て行ったとしても3億円は残る。

 通常の自治体では調達金額の約半額を返礼品の提供に充てるため、手残り金が3億円というのは、通常の自治体で6億円を調達したことと同じことである。商品券の印刷や発送にはさほど手間はかからない。しかも上限なく提供することが可能だ。

 一方、地元の農産物等の特産品を返礼品として提供する場合は、提供できる数量に限界があるし、商品の品質管理は容易ではなく、梱包や発送の手間も大きくかかる。したがって、通常の特産品を返礼品とする自治体で6億円を調達するのと、商品券を返礼品として10億円を調達するのでは、おそらく後者の方が簡単かつ自治体の作業的には効率的である。

 もともと地方の自治体では職員の数も少なく、ふるさと納税関連業務という追加業務を回す余裕はない。よって、地域経済への波及効果を勘案することなく、資金調達のみを目的するのであれば、商品券を返礼品として提供することは合理的な判断となるのだ。したがって、商品券を返礼品として提供している自治体にはなんら悪気はないはずである。

商品券提供の一番の問題は、
「自治体間の不毛な顧客の奪い合い」になること

 実は、商品券を返戻品として提供することの最大の問題は、近隣の自治体間で顧客の取り合いになることである。

 商品券を返礼品として提供することで、地方の自治体が首都圏の人のお財布を狙うというのは、わかりやすくまた理解の得られやすいストーリーである。しかし実際に何が起こるかというと、商品券の最大の利用者は、商品券を発行する近隣の自治体住民となるということだ。

 本来なら、近隣のスーパーや商店に落ちていた消費のお金が、商品券を発行する自治体に吸い取られることになる。近隣の町にしてみるとたまったものではない。自分たちのすぐ隣に商品券を返礼品として提供する自治体が登場したことで、地元の消費が奪われてしまうからだ。

 もともと衰退あるいは疲弊している地方の自治体において、近隣の自治体間で消費者を奪い合うことは何も生み出さない。むしろ、地方創生をしていくにあたっては近隣の自治体間での協力体制を強化していくべきだろう。

 今回の総務省による商品券等の提供の自粛の通達は、富裕層の節税目的の行為を防止するためというのが一義的な見方であるが、実は地方における自治体間の無駄な顧客の奪い合い、またそれによってさらなる地方の疲弊と衰退の防止にもなる。

 このように、ふるさと納税についてはその返礼品のあり方や是非についての議論ばかりが最近話題になっているが、一方で熊本の復興支援のように有意義な形で用いられるものも少なくない。

 返礼品についてばかりに議論が偏ることで、この制度が本来持っている本質的な意義についての関心が薄れることが最も懸念すべきことだろう。今こそ自治体間での自主的なガイドラインを制定するなど、健全な発展に向けた取り組みが必要である。
 

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
 【2016年12月1日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.12%
0.10% 0.10% 0.10%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!イオン銀行の公式サイトはこちら!
【イオン銀行おすすめポイント】
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」の保有者なら、普通預金がメガバンクの定期預金を超える0.12%に ATM手数料が24時間いつでも何回でも無料となるイオン銀行ATMは、全国のイオン、ミニストップ、まいばすけっとなど、着実に台数が増加中!

【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.12%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと120倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.05%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料がそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.18%
0.01%
0.01%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
 
定期預金の利息にかかる20.315%の税金を0円に? 「ソニー銀行・積み立て定期預金」でコツコツ貯蓄&裏ワザで税引き前の利息を100%手に入れよう!
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.03% 0.03%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ! また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.3%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
※ 100万円を預けた場合の2016年12月1日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。

 

クレジットカードのおすすめ

【じぶん銀行】
auスマホの引き落とし先に設定すると、2年間で
最大4800円分のポイントをゲット!⇒関連記事はこちら

じぶん銀行公式サイトはこちら!
  • 「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」で
    普通預金金利が6倍に!⇒関連記事はこちら

    「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」公式サイトはこちら
  • 「新生銀行」は、ATMの出金手数料が無条件で
    いつでも何回でも無料!⇒関連記事はこちら

    新生銀行公式サイトはこちら!
  • 「ソニー銀行」は多くのコンビニATMが無料、
    顧客満足度も高い!
    関連記事はこちら

    住信SBIネット銀行公式サイトはこちら!
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!