ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

株主の利益のみを最大化?
企業の長期的な成果は短期的な成果の累積にあらず

上田惇生
【第217回】 2010年11月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
2100円(税込)

 「企業の経営陣は、近頃では、利害関係者間の均衡ある利益を実現すべき者とはされていない。株主の利益のみを最大化すべき者とされるにいたってしまった」(『ポスト資本主義社会』)

 その結果、ドラッカーは、企業が短期的視点からマネジメントされるようになったと嘆く。こうして企業が持つ富の増殖能力は傷つけられることになった。得られたものは、一時的な株価の上昇であり、長期的な成果の低迷だった。

 ドラッカーは、長期的な成果は短期的な成果の累積ではない、と断言する。株価を上げ続けることによって、長期の繁栄を得ることはできない。

 かつて経営陣とは、ステークホルダー、すなわち多様な当事者間における均衡ある利益の実現を図る者とされた。それがステークホルダー説だった。ドラッカーによれば、じつはこの認識が正しいものだった。

 問題は、経営があまりに下手なところにあった。そのため株価が低迷し、買収して分解して売却するという乗っ取りが頻発した。

 そこで経営陣は、シェアホルダー、すなわち株主のために働けとするシェアホルダー説が登場した。しかし、ドラッカーは、会社は株主だけのためのものであるとする説が成立したことは一度もないという。

 そもそも企業とは、資金の多寡ではなく、働く者の意欲と献身によって支えられている存在である。

 「投機家を儲けさせることに意欲をかきたてられる技術者はいない」(『ポスト資本主義社会』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧