ダイヤモンドZAi最新記事
2012年10月25日 ザイ編集部

401kの定期預金は
普通の銀行より高金利の場合も!

運用初心者はまずは元本確保型を選ぶがマル

 「いくら控除があるからって、リスク商品で運用するなんてやっぱり怖い。損したら大切な老後資金が目減りしちゃうから…」

 ごもっともな意見ではあるが、意外と知られていないのが、401kの商品ラインナップには、定期預金など元本確保型の商品もあるということ。つまり、無理にリスクをとって運用しなくても大丈夫なのだ。定期預金で普通に積み立てるだけでも、所得控除が受けられる。

 しかも、注目すべきは、401kで用意されている定期預金は普通の銀行預金よりも高金利のケースがあること。

 「1万円などの少額の積み立てでも、300万円以上預け入れ時のスーパー定期金利相当の金利がつきます。これは、1人1人は少額でも、会社全体だとまとまった金額になるからで、401kならではのメリットとも言えるでしょう」(ファイナンシャル・ウィズダム代表の山崎俊輔さん)

 定期預金も3年もの、5年ものなどを中心に期間が違うものや、運用する銀行別でもいくつか用意している401kもある。明治ホールディングスのように変動金利、固定金利の両方を取りそろえている場合もある。

*ダイヤモンド・ザイ2010年12月号に掲載

(文/編集部、イラスト/野村俊夫)

発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の特集は「世代別の安心老後への最短ルート!」。30-40代、50代、60代の年代別に投資・住宅・年金・保険を一括りで考えています。また「10万円以下で買える隠れた成長株31」「「毎月分配型ファンドの最新分配金データ」なども掲載。ぜひ本誌をご覧ください! 購入はこちらから!