「マーケット」と「ディール」の仕事を
AIが置き換えるか?

 個々の金融職種への興味は尽きないのだが、特に興味を覚えるのが、バイサイド(資産運用側)の中核である「ファンドマネージャー」と、セルサイド(証券会社側)ビジネスのスタープレーヤーである「インベストメントバンカー」だ。

 ファンドマネージャー、あるいはトレーダーは、近い将来、AIに駆逐されるだろうか? あるいは、インベストメントバンカーをスキップするディール(例えばM&A)がフィンテックによって可能になるだろうか?

 彼らが駆逐される可能性は、半分「Yes」であり、半分「No」なのだろう。

 運用パフォーマンスを競うファンドマネージャーの世界で、AIがファンドマネージャーを含む人間を凌駕し駆逐するかというのは、なかなか興味深い問題だ。何を以てそう呼ぶかの定義は様々だが「AI運用」(一部にコンピュータープログラムを用いた運用)は、既に人間に十分並んでいるが、人間を駆逐するほどの優位性を示さないのではないかと筆者は考えている。

 もともと株式市場のようなマーケットでは、有効な情報を持った参加者の判断が取引価格に表れることと、有効な方法があれば(有効性が確認されれば、されるほど)模倣されたり逆用されたりする裁定が働くことで、安定的かつ大規模に成功し続けることの難しいゲームを構成していた。そこでは、ある程度の基本を踏まえている素人なら、十分な経験のあるプロと互角に渡り合うことがもともとできたし、参加者の「能力差」(たとえば頭の良さの差)が、運用成績に有意かつ大きな説明力を持っていたとは言い難い。

 こうしたゲームの構造から類推すると、チェスや囲碁でコンピュータープログラムが人間のプロを凌駕したような形で、明確かつ大幅な優劣がつくことはないというのが、筆者の予想だ。投資家が素人プロのいずれであっても、ある程度以上に十分な分散投資を行ったポートフォリオは、市場平均や、有名なプロ、あるいはコンピューター運用と、「勝ったり・負けたり」を楽しめるのではないだろうか。

 運用パフォーマンス面で「AI運用」に大きな期待はできないような気がするし、ファンドマネージャーはこの点で大きな心配をする必要はないが、彼らには、現時点で既に「運用の付加価値」のレベルで優位性がないのであって、彼らが現在のビジネス上の立場を維持し続けられるかどうかには疑問がある。

 市場平均に勝つことを目指す代わりに高い手数料を取る「アクティブ運用」は、ビジネスモデル的には、現世御利益の提供を約束できないのに信者からお金を取る「宗教」と同じ構造だ。