経営 × ビジネスSNS

コミュニケーション・ツールの活用は
働き方改革とセットで考えるべき

河合起季
【第28回】 2016年11月28日
previous page
4
nextpage

 下のリストで、自社に当てはまる項目はないか、ぜひチェックしてみてほしい。

出所:三菱総合研究所

 「マネジメント」については、責任を持って働き方改革を推進する担当者・組織やノー残業デーの設置など、体制づくりが重要になる。

 中途採用の多い企業は、働き方改革に対する意識が統一されておらず、混乱しがちだという。マネジメント層の教育が徹底されていないため、それぞれが前職の会社で学んだマネジメント法で部下を指導していることが多いからだ。

出所:三菱総合研究所

 最後の「仕事の進め方」では、「労働時間の削減と業務の効率化をセットで進める」ことが重要だ。なかには、長時間労働を是正するために「年間○時間」という目標を立てる企業もあるが、サービス残業や仕事の質の低下を招きやすい。やはり、業務を効率化して、労働時間の削減につなげるべきだ。

出所:三菱総合研究所
previous page
4
nextpage

理論から実践まで「働き方改革」への挑戦

業務効率化、子育て・介護の支援、チームワーク、コスト削減、災害対策など、多岐にわたる働き方の課題を、専門家へのインタビューや企業の現場取材で明らかにする。

「ビジネスSNS」のメリットをわかりやすく解説

いつでもどこでもスピーディに情報を共有し、ビジネスを前に進める。ビジネスSNSの活用でワークライフバランスも改善。活用イメージと実際の操作手順をYoutube動画で解説。

[ LINE WORKS導入事例 ]
株式会社IDOM
(旧・ガリバーインターナショナル)

[ LINE WORKS導入事例 ]
コネクシオ株式会社
 

 

LINEとつながる唯一のビジネスコミュニケーションツール LINE WORKS

LINE WORKS各機能のご紹介
 

 

[ ビジネス版LINE ]
LINE WORKSでシャドーIT対策

[ LINE WORKS導入事例 ]
スマホでスキマ時間活用編


「働き方」という経営問題―The Future of Work―

人口減少による働き手の不足と経済・社会のグローバル化が、企業経営を取りまく大問題となっている。そのなかで、企業が競争優位性を築くためのキーワードとして浮上しているのが「ワークスタイル変革」だ。識者への取材や企業事例の紹介を通じて、すべての企業と働く人に問われている「働き方」の課題を明らかにしていく。

「「働き方」という経営問題―The Future of Work―」

⇒バックナンバー一覧