あなたの出身県はどんな
高校OBチームが作れそう?

 この大阪チームに対抗できるとすれば、広島と神奈川あたりだろうか。

 広島は投手陣が充実している。まず広陵高OBの野村祐輔(広島)、有原航平(日本ハム)、そして田口麗斗(広島新庄・巨人)、石田健大(広島工・横浜DeNA)と今季の投手成績上位者が顔を揃える。また、中継ぎ・抑えにも広陵OBの西村健太郎、吉川光夫(ともに巨人)、新庄OBの永川勝浩(広島)らがいる。野手はキャッチャーに小林誠司(広陵・巨人)、内野手に広島の新井貴浩(広島工)、梵英心(三次)と広陵OBの新井良太、上本博紀(ともに阪神)。そして外野手にはパ・リーグを代表する強打者に成長した柳田悠岐(広島商・福岡ソフトバンク)がいる。

 神奈川も投打のバランスがとれたチームが作れる。投手陣は東海大相模OBの菅野智之(巨人)に小笠原慎之介(中日)。横浜高OBの湧井秀章(ロッテ)や成瀬善久(ヤクルト)もいる。抑えには山口鉄也(横浜商・巨人)がいる。野手はまず東海大相模勢。キャッチャーは市川友也(日本ハム)、内野に田中広輔(広島)、次に横浜OB。外野手の筒香嘉智、荒波翔、内野手の倉本寿彦(いずれもDeNA)、桐蔭学園OBでは内野手の鈴木大地(ロッテ)と茂木栄五郎(楽天)がいる。このメンバーで固めたチームは大阪、広島とも互角に戦えそうだ。

 東京、愛知、福岡の高校OBチームも充実した戦力になりそうだが、きりがないのでやめておく。

 こうした甲子園で上位を争う強豪校(たとえば大阪桐蔭、履正社、横浜など)が存在する都道府県は当然強いOBチームができることになる。それに比べると、やはり岩手は厳しい。大谷と菊池頼みで野手陣の働き、打撃や守備は見劣りするからだ。ただし、大谷と菊池が踏ん張って失点をゼロに抑え、1点取って勝つこともある。そういう意味では岩手も勝負になりそうなのだ。

 シーズンが終了しドラフトも終わった今、野球界はFA移籍の進展やたまにあるトレードのニュースくらいしか話題がない。プロ野球ファンにとって一年で最も寂しい時期だろう。空想の遊びに過ぎないが、自分の出身県はどんな高校OBチームが作れるのか、考えてみるのもいいのではないだろうか。