本田宗一郎さんの伝記は
心から楽しくなる

──過去形でも現在形でも構いませんが、江上さんから見て、働き方という点で、ロールモデルになるような、経営者やビジネスパーソンがいたら、その理由も簡単に添えて、何人か挙げてください。

 本田宗一郎さんですね。彼の伝記を読むと心から楽しくなります。彼は社員と一緒に仕事を楽しんでいます。仕事は本来楽しいものなんです。パワハラが横行するのは楽しくないからです。そして名参謀の藤沢武夫のアドバイスでスパッと引退するところなどは、老害がはびこる現代への警鐘ですよ。

 それから大原總一郎さん。クラレの実質的創業者で、私は『天あり命あり』(PHP)で彼の生涯を描きましたが、「イノベーションなき経済成長は真の経済成長にあらず」など、高い理想を掲げて社員をひっぱりました。今もクラレの中には彼の精神が息づいています。このように社員をリードする「言葉」を持っている経営者が現在はどれほどいるでしょうか?ノルマや収益目標ばかりに捉われ「チャレンジ!」を連呼したって社員はついてきません。