印象的な造型のリアビュー

 LC500hで注目点はスポーティな走りの追求だ。ドライバーの運転意図を読み取って加速・減速ともに最適なトルク制御を行うシステムが採用されている。

 変速を有段化したマルチステージハイブリッドシステムと、加速時にはバッテリーからの出力アシストも行う。これらが応答性にすぐれた加速性能をもたらしている。

10.3インチのモニターやリモートタッチで地図の縮小・拡大が行えるパッドを備える

 「リクツぬきにカッコいいデザインと気持ちいい走りを実現したかった」。発表会でレクサス・インターナショナルの福市得雄プレジデントはそう述べた。期待できるLCクーペ、価格はLC500が1300万円から、LC500hが1350万円からとなる。

アルカンターラと本革のコンビネーション張りのスポーツシート装備