3年働いたくらいで
やった気になるな!

 ドキドキする、あるいは「うわ、どうしよう……」と追い込まれ、対処していったことが自分の経験として身体に刻まれていきます。その機会がなくなったときが転職のタイミングで、なかには3年経っていなくても転職を考えたほうがいい人もいるでしょう。

 ただ、果たして世の中に3年で「この仕事はやり切った。だから転職しよう」という経験をしている人がどれだけいるかといえば、かなり限られています。よくいるのは「一通りやりました」「ワンクール経験しました」という人ですが、それは業務の流れを一通り経験しただけで、その経験が身体に刻まれているかといえば大半の人が違うと思います。

 ハッキリ言えば、「3年働いただけでやった気になるな」ということです。

 もっと言うと、若い時期は「死ぬほど」働いたほうがよいと思います。もちろん本当に死んではいけないし、身体を壊してもいけません。「死ぬほど」働くとは、全身全霊で仕事に打ち込むという意味です。

“ワーク・ライフ・アンバランス”で仕事に集中できる時期は、人生のなかで限られています。せいぜい30代半ばくらいまででしょう。

「死ぬほど」仕事をしていくと、単なる知識やスキルにとどまらず、仕事をうまく進めていく知恵が身につきます。そして、上司や同僚、取引先まで含め、一緒に仕事をしてきた人たちとは同士のような深い関係が築かれて、大きな財産になるでしょう。