女性のためのラーメンイベント「ラーメン女子博」

 そのほかにも、女性のためのラーメンイベント「ラーメン女子博」や、人気漫画『ONE PIECE』の世界観を楽しみながら走る「ONE PIECE RUN」などを開催。フェスなどで培った「音楽やテクノロジーを駆使しながら何万人もの人を集めて楽しませる」というノウハウを活用して、もはや音楽とは関わりのない(薄い)新たな市場を開拓しようとしています。

 黒岩氏は言います。

「音楽会社がそんなことをしなくてもいいんじゃないかと言う人も以前はいました。けれども、音楽会社でありながら、エンタテインメント会社でもあるわけです。音楽もあれば、スポーツもあれば、BtoBの展示会みたいなものもある。いろんな領域があると思うので、そこは広げていきたいですよね」

 エイベックスでさえも、主要な収入源だったCDが売れなくなるという時代環境の中で、レーベルやマネジメントだけに特化していたら衰退は免れなかったかもしれません。にもかかわらず、ここまで成長できたのは、まさに「顧客ずらし戦略」があったからなのです。

 もちろん、事業形態の変革や強化、その選択には決意と努力が不可欠ですが、持っているアセットやスキルで新たな顧客を獲得するこの手法は決して無謀な賭けなどではなく、実は堅実な成長の仕方なのだと思います。読者の方々が所属する会社や組織でも是非、“ずらし”てみてはいかがでしょうか。

<エイベックス・グループの「顧客ずらし戦略」>
1.「自社所属アーティストのライヴを開催・運営できる」
 →他社所属アーティストのライヴも開催・運営できる

2.「フェスなど数万人規模の音楽ライヴイベントを開催・運営できる」
 →音楽とは関わりのないジャンルのイベントも開催・運営できる