しかし、維新の会はなんだかんだ言っても橋下氏の政党だ。橋下氏が入閣するならば、いくら理屈を弄して否定しようとも、事実上、維新の会の連立与党入りを意味する。維新の会は、国会内で「改憲勢力」としてカウントされている。他の政策課題については、安倍政権に対して是々非々の立場だが、元々「安倍首相は闘っている」と高く評価している橋下氏が入閣して、強烈な安倍応援団になれば、維新の会はそれに従うだろう。これは、前述の通り、今後憲法論議によって存在感が薄れる懸念がある公明党を、より不安にさせる可能性がある。

橋下氏が「国民ファーストの会」の
リーダーとなる可能性

 だが、本稿はあえて、橋下氏に関してもう1つの可能性を指摘しておきたい。それは、橋下氏が入閣せず、今後「都民ファーストの会」が国政政党になり、「国民ファーストの会」となった時、橋下氏がそのリーダーとなる可能性だ。

 小池百合子東京都知事が「スライスでもない、フックでもない。空いているフェアウェイを狙う」と言ったように、「都民ファーストの会」は「中道」を志向している。橋下氏は憲法や安全保障で「保守」とみられており、一見都民ファーストの会とは合わないように思える。だが、橋下氏の番組で小林よしのり氏が「保守というより進歩主義者」と評したように、橋下氏の本質は現実主義で、政策課題によってはかなり「リベラル」に寄ることもある。総合的には「中道右派」あたりの立ち位置で、「国民ファーストの会」が誕生したら、そのリーダーになってもおかしいとは思わない。

 安倍首相にとって、橋下氏が「国民ファーストの会」のリーダーに立つことは、実は悪いことではない。繰り返すが、橋下氏は基本的に安倍首相を評価している。安倍首相の応援団であることは変わりがない。むしろ政権の外から応援してもらったほうがメリットは大きいように思える。

 なぜならば、「最強の大衆政治家」橋下氏が「国民ファーストの会」を率いるならば、維新の会がそれに加わるだけではなく、もはや「死に体」の民進党から、保守派が大量離党し、合流することが考えられるからだ。それは、「新しい野党第一党」が誕生する以上の意味を持つ。現在のところ、民進党は「改憲勢力」と考えられていないが、「潜在的な改憲派」である党内の保守派が離党して加われば、現在の衆参両の院3分の2をはるかに超える、巨大な改憲勢力が誕生することになる。

 橋下氏にとって、単に安倍政権に入閣するよりも、はるかに巨大なインパクトをもって、政界に復帰できる。これは、橋下氏が「日本のエマニュエル・マクロン」になると言っても過言ではない。いまだ政界復帰を否定し続ける橋下氏だが、その動向から目が離せない。