実際、私が新卒入社した頃の管理職は輝いて見えました。会社から支給されたプラチナカードで交際費を支払う上司の姿を見て、「管理職って格好いいな」と思った記憶があります。

 しかし、現在の管理職の仕事は負担が増すばかりで、魅力的ではなくなっています。一言でいえば「あんなふうにはなりたくない」のです。

「管理職になりたくない」は
転職理由として通用するか?

 転職活動の面接で「管理職になりたくないから」と転職理由を伝えることは、面接官に「ネガティブな印象を与えてしまうのではないか」と心配する転職希望者も少なくありません。

 確かに昔はそうした雰囲気もありましたが、今は心配いりません。むしろ企業側が現場主義の人材を求めるようになっています。当社で活躍しているコンサルタントの中にも、「もうすぐ管理職に昇進してしまうが、プレーヤーとしてやりたい」という理由で弊社に中途入社した方がいます。

 特に当社に要望される求人案件を見ていると「部長ができます」的な管理職の募集はなく、現場の数字を追いかけつつ、ある程度の管理も兼任してもらうプレーイングマネージャーの仕事がほとんどです。だから「現場主義でまったく問題ありません。第一線でどんどん稼いでください」といった会社が多い。

 少し前まで、従業員の働き方の多様化やビジネスにおける多様化、複雑化等を背景に、管理職コースと専門職コースに分けて人事管理を行う複線型人事制度を採る企業がよくありました。そこでは管理職コースのほうが給与は高く、役員になるにも管理職コースの社員が優遇され、専門職コースはその下という扱いがなされていました。この制度は個々の企業だけでなく、ビジネス社会全体の風潮としてもそうであったと思います。

 ところが現在はそうした風潮はなくなり、管理職にならなくても、専門職としての能力が高ければ、管理職と同等かそれ以上の扱いにするようになってきたため、今や専門職のほうが上になってきた観があります。なぜならビジネスが仕組みでは勝てず、個人の力に頼る部分が大きくなってきたからです。

 仕組みで勝てるときは仕組みの完成度を上げればよいので、ゼネラリストが重宝されます。しかし現在は勝てる仕組みを作っても、テクノロジー環境等の急激な変化によりすぐに陳腐化するので、市場や時代の変化に合わせて少しずつ自分たちの仕組みを変え、調整する必要があります。

 このとき頼りになるのが第一線にいるスペシャリストです。現場を熟知しているスペシャリストたちが専門性をベースに、臨機応変に行動することで、市場や時代の変化に適応することが可能になるのです。