ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

イノベーションに求められる人材像

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第71回】 2017年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

3つのタイプの人材に求められるスキル

 それでは、これら3つのタイプの人材は、どのようなスキルを具備していることが求められるのだろうか。イノベーションの創出および推進では、ビジネスとテクノロジを結び付け、アイデアを具現化していくことを考えると、大きく「ビジネス」「テクノロジ」「デザイン」の3つの領域のスキルが必要となると思われる(図2)

 「ビジネス」の領域では、事業全体を俯瞰的に把握し、投資や経営資源の配分などに対して的確な意思決定ができる「ビジネス・マネジメント力」、自社の業界を理解し、ビジネスを取り巻く社会・経済の環境変化と将来動向を読み解く「外部環境把握力」、そして内部・外部の人材・組織を巻き込みながら、人脈を拡大し、必要となる体制構築や予算確保を牽引する「組織牽引力」の3つが求められ、これらは主にプロデューサー・タイプの人材が担うであろう。

 「テクノロジ」の領域では、先進的技術や各種要素技術について幅広い知識を持ち、適用可能な技術を的確に評価・選定できる「技術適用力」と、アイデアを迅速に具現化し、それに対するフィードバックを反映して継続的に工夫改善する「試作・改善力」が求められ、これらは主にデベロッパー・タイプの人材が担うと考えられる。

 「デザイン」の領域では、市場や顧客の課題やニーズをくみ取って、ビジネスやサービスを発想し、それを有効なコンセプトに発展させることができる「着想力」、アイデアやコンセプトを、分析・組み合わせ・図解・説明などを駆使して、魅力ある企画に仕立て上げることができる「企画構築力」、合意形成や相互理解をサポートし、チームや参加者の活性化および協調的活動を促進させる「ファシリテーション力」が必要であり、これらは主にデザイナー・タイプの人材が担うこととなろう。

次のページ>> IT部門人材の適性
previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧