一生懸命頑張っていると思っていても、上司との面談で正当に評価されていないと思ったことはないだろうか?(写真はイメージです)

 中堅食品会社で営業課長を務めるAさんは、数ヵ月前に管理職に就いたばかり。つい最近、課内の空気が淀んでいるのが気になるようになった。

「どうも不満げな部下が多いようだ。だが、部下の自分に対する態度を見る限り、こちらに反発している感じでもない。人間関係の面で何かこじれているようにも思えないし、気まずい感じはない。でも、課内に不満が充満しているのは、管理職としてはまずいだろう……」

 そう思ったA課長は、わりと気心の知れている部下のBさんをランチに誘い、不満な点を聞いてみた。

「不満ですか?そうですね……、帰りがけに何人かで飲みに行ったりすると、確かに職場の愚痴が多いかもしれませんね。でも、別に課長に不満っていうんじゃないですよ」
「それはよかった。で、どんな不満があるのかな?」
「うーん……、みんなと『○○に不満だ』って具体的に話すわけじゃないから……。何か、漠然とした不満っていうんですかね」
「漠然とした不満ねえ……。よくわからないな。例えば、みんなどんなことを言ってる?」
「そうですね……、『オレはこんなにまじめに仕事してるのに、なんでそこを評価してくれないんだ!?この会社、おかしくないか?』とか、『ちゃんと仕事していても正当に評価されない』といった感じの愚痴が多いような気がします」

 それを聞いたA課長は「そういえば自分もよくそんな気持ちになったなあ」と、かつての自分も職場に対するいろいろな不満を抱えていたことを思い出した。

 そこで、部下たちと個別に日頃の業務についての振り返り面談を行うことにした。まずは、このところ気になっているCさんから始めてみた。何となくCさんの態度や言動が、最近ちょっと投げやりなように感じるためだ。

 危惧したとおり、Cさんは「なぜ自分が呼び出されるのだ」といった感じで、どことなく挑発的な雰囲気を漂わせていた。やる気がないのを責められると思ったのかもしれないと感じたA課長は、差し障りのない雑談をした後、「何か不満や要望があったらどんなことでも率直に言ってほしい」と切り出したところ、いきなり不満を爆発させたのだった。