ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界トップ企業の大胆不敵なサプライチェーン

東南アジアで事業を成功させるには
大胆な投資スタンスの変更が必要だ

PwCコンサルティング
【第7回】 2017年11月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

グッドコストとバッドコストの切り分け
――コスト構造の最適化

次は、コスト構造の改革である。どのようにコストを削減していけばよいのだろうか。その答えは、グットコストとバットコストの切り分けである(図2参照)

出典:PwCコンサルティング

 他社に対して差別化要因となりうる領域については、グッドコストと定義しさらに投資を増やしていくことで自社を成長させるのである。差別化要因のポイントは各社で異なるが、デジタル化への対応や、アナリティクスを活用した売上拡大への取り組みは、最近のトレンドでもある。

 過去から継承されてきたが、もはや戦略を実現するために不要と判断したコストについてはバットコストと定義し、徹底的に削減していく。「業績の悪い地域の事業縮小」や「不採算事業からの撤退」といった大きな意思決定項目もあるが、「不要なレビューと承認ステップ」や「時代遅れの過剰なコンプライアンス手続き」といった非効率な業務自体もバットコストとして整理し、見直しすべきである。

 最後にグッドコストとバットコストが混在する要改善領域である。例えば、サプライチェーンの見直しやバックオフィス業務の効率化などがあげられる。サプライチェーンについては、肥大化し複雑化した輸送ルートや拠点配置を見直すことで、納期を向上させると同時に輸送費用や保管費用を削減できる。バックオフィス業務の効率化については、ASEAN各国に点在する共通化可能な業務(経費精算や人事など)を地域統括拠点に集約し、業務自体をフィリピンやマレーシアなど人件費が比較的安く、優秀な人材を確保できる第三国へアウトソースすることで大幅なコスト削減につなげることが可能である。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

世界トップ企業の大胆不敵なサプライチェーン

どのような業界にいようとも、戦略を遂行することは難しくなっている。IoT、AI等技術の進歩は私 たちの価値観を変え、顧客の価値観もまた著しく進化している。競争相手は全く新しい事業モデルを構築し、挑戦してくる。これまでの常識が変わっているのだ。これはリーダーシップを担うすべての人に共通する課題ではなかろうか。 本連載では企業が戦略を実行するために必要なオペレーションの最新モデルを取り上げ、グローバル市場で生き残る企業の条件を探る。

「世界トップ企業の大胆不敵なサプライチェーン」

⇒バックナンバー一覧