マネジャーではなく
メンターの存在が必要

 皆さんにも、「本当にこれが一番良い決断なのか」「これはどうしたらよいのか」と一人で考えていても結論が出ない経験があるはずです。そんなとき、誰かに話したいと思いませんでしたか。

 ここで必要なのは、「こうしなさい」とアドバイスしてくれるコーチ役の人ではありません。「そもそも、どうしてそれをやりたかったのかい」と問い掛けをしてくれたり、「それなら失敗しても大したことないよ」と励ましてくれたりする存在。つまり、メンターです。

 メンターは、相手の話に耳を傾けつつも、せいぜい「もうちょっと考えてみたら」や「あの人に聞いてみたら」としか言わないものです。それでも、悩んでいた社員からすれば「その視点はなかった」と何かに気付いて、次に進むことができるのです。

 実際、僕はVIVITA(ヴィヴィータ)の代表ですが、マネジメントをしていません。はっきり言ってスタッフを「放置」しているようなものです。それでも、ありがたいことに、皆が勝手にどんどんやってくれるので、事がうまく運んでいます。

「自分の頭で考えなさい。自分で考えて行動しなさい」と口を酸っぱくして伝えるよりも、「放置」する方がよい。「僕はメンターしかやらないよ」と言っていれば、自然と自分で考えてスマートに行動することが分かったのです。

 経営者としたらこのやり方は難しいと感じるでしょう。何せ、管理しないというのは、はたから見ると仕事をしていないように見えるからです(笑)。

 それでもなぜ、うまくいくのでしょうか。理由の一つは、スタッフも、子どもたちの「メンター」役になっているからだと思います。

 僕の元には、子どもたちからよくプレゼンテーションのビデオが届きます。その中身は、柏の葉のVIVISTOP(ヴィヴィストップ)で使うための「○○を買ってください」というものです。