【通勤災害】
  仕事をするために合理的な交通手段、経路で自宅と事業所を移動している場合に起きた事故などが原因の病気やケガを通勤災害という。交通手段は、公共交通機関のほか、車、自転車、徒歩などで、複数経路も認められる。ただし、通勤途中で寄り道をした場合は、日常生活に必要な行為かどうかで判断する。

○認められる
・朝の通勤電車で事故にあって骨折した
・単身赴任先から自宅に帰る途中に事故にあった
・会社帰りにスーパーに寄って買い物をした帰りに事故にあった

×認められない
・退社後にコンサートに行った帰りに事故にあった
・同僚と飲んだ帰りに、因縁をつけられて殴られた
・時間を潰すために遠回りをして帰って運悪く事故にあった

 たんに「会社にいた」「通勤中だった」というだけでは、労災は適用されないこともある。判断に迷った場合は、勤務先を管轄する労働基準監督署に相談し、該当するかどうかを確認しよう。

「労災かくし」は犯罪
困ったら労基署に相談を

 このように正当な理由があれば、労働者は誰でも労災保険は利用できる。そして、仕事中に事故が起きて労働者が病気やケガ、死亡などをした場合、事業所はすみやかに「労働者死傷病報告」を労働基準監督署に届け出なければならない。しかし、本当なら労災が適用される事故でも、会社が労災を使わせてくれずにトラブルに発展しているケースもある。

 理由のひとつとしてあげられているのが労災保険の「メリット制」だ。これは、一定規模の事業所に適用されているもので、労災事故の発生率などによって保険料に差をつける仕組みだ。