米CESで、自動車産業が激変することを述べたトヨタ自動車社長の豊田章男氏 Photo:REUTERS/アフロ

「Start Your Impossible(不可能のチャレンジへ一歩踏み出そう)」。今年初めに、米ラスベガスで開かれた家電見本市「CES」の壇上でこう高らかに宣言したのは、シリコンバレーのIT企業トップではなく、トヨタ自動車の豊田章男社長だった。

 豊田氏はカーレーサーとあって、有名なレース「インディ500」のレース直前にアナウンスされる“Start Your Engines!”をもじったのであろう。

 このスピーチは、これからの自動車産業が激変することを指し、そしてトヨタがその“激変レース”に参戦するという意思表示であった。豊田氏は続ける。

 「私はトヨタを、車会社を超え、人々のさまざまな移動を助ける会社、モビリティーカンパニーへと変革することを決意しました。(中略)私たちの競争相手はもはや自動車会社だけではなく、米国のグーグルやアップルあるいはフェイスブックといった企業です。自動運転車やさまざまなコネクティッドサービスに必要なモビリティーサービスプラットホームをつくる会社になります」