目の前にある「美」を味わおう
SNS中毒を癒す“ヒュッゲな瞬間”

 デンマーク人は、自然体で暖かい人との触れ合いを尊重している。インスタ映えばかりを考えてスマホに気をとられ、目の前の自然が奏でる音や海の匂いの心地よさに気づけないような野暮さは、ヒュッゲではないわけだ。

「インスタ映え」の対極、デンマーク人の人生観に癒される人多数デンマークのオープンサンドイッチ「スモーブロー」。自然体で、質素な中にも心の豊かさを求めるのがヒュッゲだ

「デンマーク人はプレゼントもヒュッゲです。いただいたなかで特に記憶に残っているのは、バタフライプランツという蝶が寄ってくる植物。もらった時はなにそれ?と思いましたが(笑)、その木には本当に蝶が寄ってきて、ふとした日常のなかで癒されるんですよね。物質ではなく心の豊かさみたいなものを、デンマーク人は大事にしているんです」

 デンマークではホームパーティーに招かれても、日本のように大仰な手土産を持ってくる人は少ないという。持ち寄るのは、ハンドメイドのクッキーやワインなど、ナチュラルで飾らないアイテムだ。

「デンマークの人は、とにかく見栄を張らない。ギフトもお土産も高価なものじゃなくていい。相手が喜びそうな、少しユニークで心が豊かになるものをプレゼントするのです。ホームパーティーだって、招いたゲストに手伝わせるくらい自然体なものですよ」