『すべての仕事を3分で終わらせる』の著者・岡田兵吾氏と、『速読日本一が教えるすごい読書術』の著者・角田和将氏が、シンガポールで特別セミナーを開催しました!速読を用いた情報収集、学びを加速させるインプットのプロフェッショナルと、優れた成果を次々と生み出すアウトプットのプロフェッショナルに共通しているのは、「スピード×効率化」。シンガポールセミナーレポートを4回に分けて、掲載いたします。第4回目は、2人のトークセッション(後編)です。

――前回の岡田先生の「1年2ヵ月売上ゼロ」がそうであるように、おふたりとも最初からできていたわけではありません。速読日本一の角田先生も国語の偏差値は40で、速読とは無縁だったと伺っています。そんなバックグラウンドがあるなか、人からそして本から知識をうまく自身に取り込んで、自己成長につなげたと思うのですが、何が一流に変えさせたのですか?

岡田兵吾(おかだ・ひょうご)
マイクロソフトシンガポール シニアマネジャー
大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本、アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間、シンガポール・日本・アメリカをベースに活躍。これまで、アジア全域の新事業開発、業務改善および組織改革に従事。現在マイクロソフトではシニアマネジャーとして、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4ヵ国のライセンス監査業務の責任者を務める。
 また「アジア組織・改革リード」、「CSR(社会貢献活動)委員」等を兼任し、マイクロソフトでの働き方改革を評価されて数々受賞。世界トップレベルのIEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得、同校のアルムナイ・シンガポール支部初代会長。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。
 ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD!リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」。著書に、『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。

岡田 「マインドセット」と「レバレッジ」ですね。私の本には、具体的な仕事術はもとより、「誰からどのようにに学んだか」を書いています。なかでも私は、マイクロソフトタイランドの社長を務めて現在は米国本社のシニアリーダーとして活躍される女性リーダーに多大な影響を受けました。

 彼女を含めて仕事のできる人たちにあるのは、「ワークハード」ではなく「ワークスマート」。何かを変えるとき、思うようにできなかったとします。そういうときは、自分一人ががんばるのではなく、「自分の上司をつかう」とか「本社の偉い人をつかう」とか、立場の高い人に動いてもらうと、物事が進みやすくなるんです。

 まわりを使って、やっていくことが大事。大きな岩を無理して一人で時間をかけて動かすのではなく、まわりの力を使うことで、時間をかけずにたやすく動かす――このように考え方を変えていきました。

 これは、今までに15か国の人間をマネージしているなかで気づきました。マイクロソフト シンガポールにいたっては、65か国の人がはたらいています。当然、バックグランドが全然違うわけです。彼らをモチベートしていくのは容易ではありません。だからこそ、国籍・宗教・言語もバックグラウンドを超えたメンバーの気持ちを一丸として、One Teamではたらくために、CSRはひとつのキーとなると思います。

「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」

 これはマイクロソフトのミッションです。CSRも戦略的に社内外の活動として生かして、世界中の発展をさらに助けていくことで、みんながウィンウィンになるように、わくわくしながら巻き込んでいくのです。