『すべての仕事を3分で終わらせる』の著者・岡田兵吾氏と、『速読日本一が教えるすごい読書術』の著者・角田和将氏が、シンガポールで特別セミナーを開催しました!速読を用いた情報収集、学びを加速させるインプットのプロフェッショナルと、優れた成果を次々と生み出すアウトプットのプロフェッショナルに共通しているのは、「スピード×効率化」。シンガポールセミナーレポートを4回に分けて、掲載いたします。第3回目は、2人のトークセッション(前編)です。

――角田先生の速読スキルを使って時短で情報収集力を上げる方法、岡田先生の仕事圧縮術で時間を無駄にしない成果へつながる方策を聞いてまいりました。正直なところ、岡田先生のようなマネジャーがいれば、組織はうまくまわるのではないでしょうか。

岡田兵吾(おかだ・ひょうご)
マイクロソフトシンガポール シニアマネジャー
大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本、アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間、シンガポール・日本・アメリカをベースに活躍。これまで、アジア全域の新事業開発、業務改善および組織改革に従事。現在マイクロソフトではシニアマネジャーとして、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4ヵ国のライセンス監査業務の責任者を務める。
 また「アジア組織・改革リード」、「CSR(社会貢献活動)委員」等を兼任し、マイクロソフトでの働き方改革を評価されて数々受賞。世界トップレベルのIEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得、同校のアルムナイ・シンガポール支部初代会長。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。
 ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD!リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」。著書に、『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。

岡田 私はチームメンバーや仕事に関わるひとたちと有効な関係を築き、仕事ができるように心がけています。しかし、よくもわるくも、厳しくやっていかなければならないときもあります。つい最近、悲しい決断を強いられることががありました。

 シンガポールは英語圏で、仕事そのものを海外にアウトソースしていくことがあります。それまでやってきた仕事自体がシンガポールからなくなるわけで、評価している仲間たちを仕事から外さなければならないことも多々あります。日本では部署の異動で済むかもしれませんが、海外ではそうはいかない。そのとき、彼らを心から信頼し評価していたことを話して、「新しい仕事が決まるまで全力でお手伝いするよ」と、声をかけるんですね。

 すると、彼らは、「全然、気にしてないよ。次の新しい仕事に挑戦するよ」と前向きな返答をするんです。

「味方をつくる」「仲間をつくる」って、こういうことなんだなと思いました。かつて、私を大事に育ててくれたマネジャーは、「Your success is my success(お前の成功は俺の成功だよ)」と、いつも言ってくれました。

 シンガポールに来てわかったことは、「一緒に働いている人といつか別れなきゃいけない」こと。予算の都合とか、評価とは別に……。私もそう。いつかいなくなる可能性があります。そう考えると、相手を慮る――家族みたいに接することが大事ですね。

――皆さんは岡田さんの話をどう捉えますか? とてもいい環境で働いているように思うのですが……。他社とはずいぶんと違うように思います。

岡田 他社の友人を含め、シンガポール人や外国人には共感いただいています。マイクロソフトのミッションが、さまざまな企業のさらなる発展をお手伝いをすること。私も出版して日本の働き方を変えることを願いお手伝いをしていますが、世の中をよくすることへの活動を応援してくれる会社です。先日、出版をきっかけに、「社内でワークライフバランスの話をしてくれ」と言われました。多くの社員が個々にやりたいことを、より前向きに進める狙いもあると思います。

 私の働く会社では、「他社の悪口、批判的なことを言わない」「仕事の実際の情報は言わない」ことを徹底しています。シンガポールでマイクロソフト以外のグローバル企業で働く外国人たちも、このような社会貢献への気持ちが高く、社会貢献活動に関心があり、協力的だと思います。