急ぎの仕事よりも
社内決裁を優先

 このタイプの人が上司にいると、さらにストレスを抱えることになります。

 ある営業マンの悩みを聞いてみましょう。

 彼は、取引先から好感触が得られ、まったく差し障りのない条件を提示されたため、その場で受け入れてきたそうです。

 会社に帰って上司に報告すると、

「なんで手続き通りに対応しないんだ。『手順を踏め』といつも言っているだろ。まずは来週の会議でちゃんとこの件を説明して、承認を得てからじゃないとダメだ。話を進めるのはそれからということにして、先方には待ってもらえ」

 などと言われ、ストップが掛かります。   

 社内手続きは確かにそのようになっているのですが、過去に同じような条件の取引はいくらでも成立していて、会議で承認を得られないことはまず考えられません。

 また、社内手続きは形式的なものであり、別の部署では、個々のケースに応じて臨機応変に対応してもらえると聞いています。どうして、うちの部署だけが……。

 なぜ、そんなに形式ばかりにこだわるのでしょう。

「ここまでくると、もはや、僕の仕事の邪魔をされているようにしか思えません」