堂々の第1位は、「ハイアール」の 5.5キログラム全自動洗濯機(Haier JW-C55A-K)。汚れが少ないときには10分で洗濯できたり、従来の4枚羽から5枚羽にバージョンアップし、洗濯槽内の摩擦を極力低減するとともに、汚れをしっかり洗浄する点などが評価された。しかも2万1500円と低価格。「コスパがいい」といった声が寄せられている。

 ベスト20を見ると、20商品中10商品がハイアール製で独壇場となっている。いずれも1万円台後半から2万円台前半で、容量や機能のわりに低価格となっていること、そしてコンパクトサイズであることが消費者に受けている形だ。

 また、アマゾンで売れている洗濯機の特徴として、主流となりつつある「ドラム式」ではなく、いずれも「縦型」である点だ。汚れ落ちがよく、しかも価格が抑えられるといった理由が根底にあるようだ。

【アマゾン“新生活商品”ランキング〜洗濯機編トップ20】はこちら