RIZAPグループの最高執行責任者(COO)に就任することになったカルビーの松本晃会長兼最高経営責任者(CEO)
Photo by Takahisa Suzuki

プロ経営者として有名なカルビーの松本晃会長兼最高経営責任者(CEO)が、今年6月からRIZAPグループの最高執行責任者(COO)に就任することになった。RIZAPは芸能人を起用したダイエットジムのCMで知られ、“自己投資”という軸でアパレルや雑貨店、補正下着、フリーペーパーなど“さまざまな業種を買収してきた。松本会長はなぜこの会社を選んだのか、何をしたいのか。真意を聞いた。(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 大坪稚子)

決め手はなんといっても
瀬戸健という社長の魅力

──カルビー会長を辞めてRIZAPグループの最高執行責任者(COO)になるとは、思い切った決断でしたね。

松本 3月27日に「カルビーを辞めます」と記者会見をやりましたが、3年ぐらい前からやめようと決めていました。カルビーはいい会社で市場のガリバーなのに成長していない。そんな時に僕は野球でいえば、5回裏に救援ピッチャーとして投げたようなものです。6回も投げて7回に入ったからぼちぼち交代かなと。昨年やめようと思ったけど、慰留されて続けましたが、さすがに10年やるのは長すぎる。それに、あともう一回ぐらい、どこかで経営をやってみたいとも思っていました。

──記者会見後、いろいろな会社からうちにきてほしいとオファーがあったと思いますが、なぜRIZAPグループを選んだのですか。

松本 面白そうだからです。なんといっても瀬戸健という社長の魅力ですね。いつもにこにこしていて、チャーミング。40歳にして売上高1300億円、よく頑張っているなと思います。それに悪口を聞かないよね。

 米国や中国に行くと、あれぐらいの年齢の社長がわんさかいる。日本にいないわけではないけど少ない。瀬戸さんのような人が日本にもたくさん出てきてほしい。そうしたら日本ももっと変わりますよ。そのために自分に貢献できることをしたいと思いました。